2006年09月24日

シンポジウム

060924hwc2.jpg060924hwc1.jpg

 市内里山ふれあいセンターにて、マウンテンバイクシンポジウムを開催させていただきました。事前の告知不足ありましたが、約40名の方に参加いただきました。秦野市内はもちろん、遠く、東京や横浜川崎方面からもわざわざお越しいただき、大変有意義なものになりました。ありがとうございます!

 トレイルメンテの方もいつになく人数が多かったので作業がはかどりました。考えてみれば、このような「マウンテンバイクライダー全員集合!」みたいなものって、あまりなかったような。。。(まあ、レースだとこれでもか!ってぐらい集まるのですが。)今回はどのぐらい集まるかな?と正直なところ不安でしたが、それをブッとばすようなガッツある参加者の顔ぶれ、本当にうれしかったですね〜。今後も定期的に行う予定ですので、今回参加できなかったみなさんも次回はぜひ!



posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

植樹

061125sakura 009.jpg061125sakura 008.jpg061125sakura 007.jpg061125sakura 003.jpg061125sakura 002.jpg

 事前情報がちょっと不正確だったので、みなさんに特に呼びかけはしませんでしたが、里山保全ボランティア活動に秦野ホイールクラブメンバーと参加してきました。自転車で現地に行ったのですが、予想外の山奥で時間がかかり、到着した時にはすでに古谷秦野市長、秦野市森林づくり課長、菩提自治会長(写真)あいさつの真っ最中。ヤバイヤバイ。その後、菩提滝ノ沢保存会、菩提生産森林組合のみなさんと急な斜面に桜の木を植樹する作業となりました。
 何しろ急な斜面が急なのにはビックリ。何かにつかまっていないとズルズル落ちてしまいそう。そんな難所に穴を掘り、支柱を打ち込んで、鹿の食害防止用ネット張りの作業はけっこう大変でしたが、なかなかそれはそれで楽しめました。春、(もちろん数年後の)この山一面が桜の花になるのが楽しみです。

 解散となり、自治会長さんにあいさつすると、「来年の夏はここを草刈だかんな、その時もよろしくナッ」とのお言葉。地元密着MTBクラブとして、もちろん協力いたします!と約束してしまったので、その時はライダーのみなさん是非よろしくご協力お願いいたします!!たぶんヒルがすごいと思いますが。。。
 
posted by 店主 at 20:27| HWC | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

お知らせ

明日のホイールクラブミーティングの詳細をご連絡します!
かねてより進行中のジャンプトレイルは場所が確保されましたが、12月に入り、いろいろ折衝中ですが足踏み状態です。予定ではその進捗状況報告、具体的な運営についての会議でしたが、以上のような状況ですので今回のミーティングに関しましては重要度「低」ということでご承知おきください。ご家族、お仕事の都合がある方はそちらを優先していただいてかまいません。

しかしながら、せっかく場所を確保してありますので、会議はごく短時間にして、「第二回 石釜を使ったピザの会」をやります!
そのほか、石釜に入れたいものありましたら大歓迎です。(さつまいものホイル包み、ダッチオーブン、などなど)
食材は用意しますので、各自自分の飲む飲料だけ持参してください。(食材の会費として500円程度徴収します)
集合は10時、里山ふれあいセンターです!

ピザの会が終了後、ふれあいセンター前の森にて初心者を対象とした講習会をやります。今回はダウンヒルの走り方を予定してます。こちらに参加する方はヘルメット、シューズ、グローブなど走る用意忘れずに!上級者で都合がつく方は指導役スタッフよろしくお願いします。

当日、店は休業いたします。


posted by 店主 at 19:32| HWC | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

ピザの会

070114piza3.jpg070114piza2.jpg070114piza1.jpg

秦野ホイールクラブ07年第1回会合を秦野市里山ふれあいセンターにて行いました。内容は昨年秋からの報告、これからの活動予定についてなどでした。その中で特に活動強化項目として「里山整備事業への積極的参加」が決まりました。マウンテンバイクというものを地域や行政にアピールしましょう。みなさん、ぜひ参加お願いいたします!

丹沢を走るMTBのみなさん。
秦野ローカルのこうした活動にご協力お願いします!都合のつくときで結構です。ただ勝手に走っているだけでは、ただの登山道暴走族と見られて締め出し食うのは時間の問題です。正々堂々と走れる環境を維持し将来に残すために一歩踏み出した行動を期待します。

会合のあとはピザの会でした。石釜で本格的に焼いたピザは超ウマイ!今回はサイドメニューも充実。盛り上がりました。

で、そのあとは、初心者特訓?走行会!Jシリーズ参戦ライダーがマンツーマンで指導。みなさん、確実に上達しまたよ!次回まで練習しておいてくださいね。
posted by 店主 at 19:41| HWC | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

市役所訪問

本日、「里山整備事業」の秦野ホイールクラブからの参加者をとりまとめ、市役所森林づくり課に提出してきました。同課には去年よりご挨拶、ボランティア事業などで何度かおうかがいしているので「あっ、自転車の方ね、ご苦労さん」のような感じになりました。そして、今回は「おとといのピザはうまくいったかい?」なんて声もかけていただきました。私たちとの距離が縮まった感がしてとてもうれしかったです。こちらサイドのひいき目もありますが、こうしたボランティア活動にコンスタントに参加することで、「MTB?なんじゃそれ、そんなもん森の中走ってもらっちゃ困るなー」という拒絶反応がなくなるだけでもずいぶんと違うと思うのです。

今はごく限られた人しか参加していませんが、将来的には首都圏のMTB乗りが一致団結、こうしたボランティア活動に数百人単位で参加し続けるのが理想です。そうした土台を造っておいてから、「公認コース」の申請が順番というものでしょう。世間一般、林業、地元の方に訳のわからん登山道暴走族と思われているうちは、何をいってもダメ、禁止となるのは当然です。野球やサッカーのように誰もが知っているスポーツではないMTBだからこそ、こちらからの理解してもらう努力なしには何も変わらないどころか、尻つぼみです。

そもそもMTBって、コソコソやるようなスポーツでしょうか?ハイキング、登山と同じくすばらしいアウトドアスポーツですよね。もっと自分の行っていることに自信、誇りを持っていただきたいですね。まず、そのためのアクション、まず始めの一歩を踏み出して欲しいと願っています。
posted by 店主 at 20:06| HWC | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

落ち葉かき

070120hwc3.jpg070120hwc2.jpg070120hwc1.jpg

秦野市主催の里山整備事業に参加してきました。以前は人の手が入り、薪ひろいや落ち葉かきを行っていた里山も近年、担い手の高齢化や人手不足などから荒廃化が進み、暗く湿った里山になってしまいました。その結果、有害鳥獣(特に鹿)によって山ビルが大量に発生、大きな問題となっています。もう一度、美しい里山を蘇らせようという事業で環境省が全国4箇所に定めた、里地里山保全モデル事業の一環でもあります。今回はボランティア団体、地元の方含めて180名ほどの大規模なものでした。
 
昨年来、私たち秦野ホイールクラブはこうした活動に積極的に参加しており、昨年11月25日に続き、今回も菩提地区のみなさんと一緒に活動することになりました。会長さんも朝、会場で顔合わせるなり、「うん、よし来た、おめーらが一番使えるな!」とのお言葉。

作業はちょうどMTBで走っている森の下の部分の広葉樹の堆積した落ち葉をかき集め、別の場所に集めるという作業。簡単だと思ったら、今まで一番大変な作業量でした。雪が舞っている気温ながら、汗びっしょりになるほど。女性にはちょっと酷な作業でした。参加のみなさん、お疲れさまでした!当店ではこうしたボランティア活動を小さいながらサポートさせていただきますよ。今回の参加者のみなさんにはタイヤ半額チケット(当店のみ有効)を発行しました。まだ受け取っていない方は取りにきてください。

こうした活動まだ始めたばかりですが、意外なことに参加するのは初心者の方の方が多いってどういうことでしょう。県外の方や女性も多いです。いつもガンガン走っている地元ライダーの参加がないのは寂しいというか、それでいいの?と思いますね。たぶんこうした活動まだご存知ないのかもしれません。今後はトレイルで出合ったライダーにこうした活動に参加してください、と積極的に呼びかけますのでよろしくお願いいたします。

以下、秦野里地里山事業HPです。
http://satochi.net/hadano/
posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

HWC報告

070209flower.jpg

秦野ホイールクラブの名簿がやっと完成しました!ただ住所、氏名だけのものならたいした作業ではありませんが、今後の連絡網としてメール配信を使用する目的からアドレスの入力を同時にやったため、それに時間かかり遅くなりました。

昨日、できあがった名簿と各種資料を揃え、市役所の森林づくり課にボランティア団体登録を申請してきました。活動場所は昨年9月末のシンポジウムで決定したところです。今後、地権者、市、当該団体(私たち)の三者間契約締結のため、地図に基づいて現地確認、面積算出などのステップがあり、即受理という訳ではありませんが、まず大丈夫と思われます。

続いて地元自治会長に同様の資料を提出、地元の声、他の団体と合わせ市に対し里山の保全、適正な使用を持ちかけていただくことになりました。

昨年より取り組んでいる活動もわずかづつではありますが着実に歩みを進めています。ここ秦野に限ってはMTBを取り巻く環境はいい状態を維持しているといえるのではないでしょうか。みなさん、これからもさらに積極的にHWC活動に参加お願いいたします!

秦野を走行するビジターのみなさんにお願いです。私たちの活動は山を独り占めするためではなく、みんなが将来に渡って楽しく走れるようにという趣旨で取り組んでおります。誤解のないように。トレイル走行における基本的ルールは必ず守っていただくのはいうまでもなく、いくつか自主的ルールも設けさせていただいております。その中でも第一に徹底していただきたい事項が、
「車によるピックアップでの走行禁止」
です。車を使用すると一日に何回でも、数人ですと延べ数十回の走行が可能になってしまうため、やわらかい土質の秦野のトレイルのダメージが大きく補修も追いつきません。誰でも楽に下りを楽しみたいのは同じです。ローカルならばやろうと思えばそれこそ毎日ガンガンできてしまいます。一時の行動の結果が将来に渡ってどれだけの損失となって跳ね返って来るか、よく考えていただきたいと思います。オフロードバイク、オフロード四駆、みんな好き勝手、メチャクチャだったからどこも走れなくなってしまいました。メチャクチャ→禁止→走るところない→やる人の減少→パブリックまたはビジネスのレクリエーションとして成り立たない→さらに走るところない→そのうち全滅…。ちょっとした節度、ボーダーラインを守りさえすればトレイルをシェア、保全できるのです。ご理解ご協力お願いいたします。

こうしたちっぽけな活動のお手本も実はIMBAです。興味のある方はアクセスしてみてください。
http://imba.com/
秦野が全国の里地里山保全モデルケースになったように、日本におけるマウンテンバイクのモデルケースになったらいいですね。JMAには昨年末に話を通してあり、協会長に全面的ご協力の確約いただいております。

ところで前回、当クラブからも参加した里山整備事業報告がサイトにアップされています。こちらもご参考に。
http://satochi.net/hadano/
posted by 店主 at 14:47| HWC | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

土手整備

070217hwc3.jpg070217hwc2.jpg070217hwc1.jpg

秦野ホイールクラブとして山のふもとの自治会の土手整備に参加しました。「土手の木を切るから」と事前にいわれていたので、草刈りがてらチマチマ生えている木をノコギリで切るのかな、と思っていたらとんでもありません!幹周り大人でひとかかえあるような大木ばかり。地元の人もほとんど総出といった感じで百人以上の参加、搬出用トラック、クレーン、交通整理のパトカーまで出動の大規模なものでした。

作業は川に倒れた大木をチェーンソーで切断、クレーンで土手の上まで搬出、トラックに積み込みなど、おまけに足場は急な斜面や川の中、と前回に引き続き大変な作業でした。参加のみなさん、ご苦労様でした!あしたは筋肉痛ですね。

地元ということで当然林業のプロの方も含まれており、私たちのこうした活動が少しでもMTBのいいイメージにつながってくれれば、と思いますね。その効果か実際、MTB走行中に合う作業のおじさん、みんなフレンドリーです。山のふもとの畑のおじさんもあいさつしてくれますし。今後もホイールクラブはこうした地元の山仕事に積極的に参加していい関係造りに努めたいと思います。MTBライダーのみなさん、ぜひ参加してください!!

本日参加されたみなさんには当店からのサポートとして、タイヤ半額券を差し上げますので取りにきてください。
posted by 店主 at 20:32| HWC | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

下準備

070324ton.jpg

明日の里山の日の模擬店出店のための下準備です。公民館に集合して婦人会のみなさんとひたすら大量の具材を皮むいたり、切り刻んだりするのですが、その量がハンパじゃない。豚汁300人分!!私の担当はひたすらサトイモの皮むき。手がかゆくなるし、サトイモいじりすぎて指紋が薄くなりました!?ホントです。もうひとりの担当の女性は指の皮むけて出血したぐらいですから。
posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

里山の日

070325sato3.jpg070325sato2.jpg070325sato1.jpg

雨模様のあいにくの天気でしたが、第2回里山の日式典が秦野市里山ふれあいセンターにて開催されました。環境省里地里山保全再生モデル事業の報告、ふれあいセンターの事業報告、ボランティア団体の活動発表、木工、工芸など各種体験教室などを通じて市民のみなさんに里山の保全に興味持ってもらおう、といった趣旨のイベントです。

各ボランティア団体がそれぞれ模擬店を担当、当クラブはピザと豚汁を受け持ちました。石釜を使ったピザはもうこの場所で何回もやってますから、そりゃもうお手のもの。フチがきれいにきつね色にこげ、クリスピーな本格ピザが好評でした。苦労した豚汁もバッチリの味付けでした。今回は当クラブから15名の大量スタッフを派遣、他のボランティア団体を圧倒してました、よね?
みなさん、雨の中、お疲れ様でした!
posted by 店主 at 19:57| HWC | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

JMAより

070405sakura 2.jpg070405sakura1.jpg

先日、日本マウンテンバイク協会から神奈川県内の指導者あてに通達がありました。それによると神奈川県内のハイキング道にて危険な走行するグループがあると一般ハイカーからクレームがあったそうです。ですので各指導者はしっかりと指導、教育お願いします、といった内容でした。ということで、みなさん、再三お願いしておりますが今一度マナーの徹底お願いします!

以下、JMAの関連ページです。
http://www.bicycle-photos.com/jma/mtb/landaccs.htm
http://www.bicycle-photos.com/jma/mtb/nmbp.htm

ほとんどの方はマナーを守って走行していると思いますが、ほんの一握りの守らない人の行動ですべてがだいなしになってしまいます。せっかくいい風潮になってきつつあるんですから、ここはライダーひとりひとりが指導員になったつもりでお互い注意しあうぐらいビシッと徹底しましょうよ。もうこれ以上走行禁止増やしたくないですもんね。

写真はきのうの秦野市街から見た丹沢。桜満開なのに山には積雪!
posted by 店主 at 16:09| HWC | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

西多摩

「山サイ研」ってわかりますか?山岳サイクリング研究会の略で、このメンバーはMTBが日本に入って来るずっと前から自転車で峠や登山道を走っていました。いわば日本のオフロード界の大先輩集団です。そのメンバーのひとり西多摩地方のSさん、まさに私たち秦野ホイールクラブのような活動実績を積み重ねていらっしゃいます。以下のHPの中の「山道についての話」に詳しく活動が載ってます。(リンクの許可いただきました)

http://www13.plala.or.jp/asyamaneko/

私たち秦野もそうですが、いきなり全国展開ではなく、まずはその地域に根ざした活動でもって自転車が山を走るということを世間(地元)に認めていただくのが大切だと思います。こうしたローカル活動が各地にあり、それが横につながって統一した大きな力になるってのが理想ですね。

ここ秦野ローカルのメンバーも秦野ばかりを走っている訳ではありませんよね。時には奥多摩にも行ったりするでしょう。いつの日か統一集会みたいな感じでみんなでワーッと集まって荒れたトレイル修復やシンポジウムとかできたらいいですね。西多摩のみなさん、よろしくです。
posted by 店主 at 17:35| HWC | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

里地里山保全事業

070428sato2.jpg070428sato1.jpg

秦野市里地里山保全事業にホイールクラブとして参加しました。今回は市内北地区で30年使用していない水田を復元し、豊かな里山つくりの一環とする目的で、まずはその水路と畦造りを行いました。土が水分を含んで重く作業は大変でしたが、みなさんの協力により雨の降る前に終了できました。参加者のみなさんご苦労さまでした!
posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

里地里山事業

070512hwc 002.jpg070512hwc 001.jpg070512hwc3.jpg070512hwc2.jpg

4月28日に引き続き環境省里地里山保全再生モデル事業に秦野ホイールクラブとしてボランティア参加しました。前回、畦づくりをした休耕田に水を張り、土を攪拌して田植えができるようにする仕事です。農機具を使用しましたが、やはり最後の仕上げは人力に頼るしかありません。昔のお百姓さんは牛と人力でやっていたのですから、さぞかし大変だったのでしょう。お米のありがたみ、ちょっとわかったような気になりました。次回は5月26日、いよいよ田植えです。ボランティア希望者は当店まで!
posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

本日も

070513hwc 009.jpg070513hwc 008.jpg070513hwc 004.jpg070513hwc 002.jpg

本日も里地里山保全モデル事業にボランティア参加しました。前日のたんぼに参加したメンバーは休養、新規メンバーで参加です。このように土日に事業が重なることはそうないのですが、参加人員を入れ替えることにより、ひとり当たりの負担が少なくなるよう、また、コンスタントに事業にメンバー派遣するように配慮しました。

本日の事業内容は秦野市渋沢丘陵頭高山散策路整備で、枝打ちした不要材を森から運び出し、機械により細かく粉砕、チップ状にしたものを散策路に敷き詰めるというものです。こうしてチップを敷き詰めたトレイルは表土に保水性が保たれるので土壌浸食が格段に軽減されます。また、不要材の有効利用もでき、まさに一石二鳥ではありますが作業そのものが大変でした。森から軽トラまで搬出、積載、チップマシンの所に荷おろし、マシンから出たチップの搬出、トレイルでチップまき…。で、やっと完成したトレイルの長さは悲しくなるぐらい微々たるもの。数キロを完成させるためには気の遠くなるような労力がかかりそうです。おまけにマシン作業はものすごい騒音、ほこり、曲がった枝が跳ね危険と過酷な作業です。

たまたま通りかかったおばちゃんのハイキング集団。「ご苦労さま〜。こーゆー道だと歩くのがソフトで気持ちいいのよね〜♪」ボランティア活動の現実はこんなにもはかないものであたったりします(涙)。「それはいい!」と言葉にする人はたくさんいても、実際に行動してくれる人はほとんいないに等しいのが現実なのです。MTBにおいてもまったく同様。ほんの一握りの有志だけが貴重な休日、体力を使い、MTBが山で走れるようにがんばっていますが、ほとんどの人はただ走るだけ。実際のところ秦野ホイールクラブのメンバーからもこうした不公平感は出ています。公平ではないのがボランティア、奉仕活動に見返りを要求するべきではない、という人もいるでしょう。そうした人にこそ是非参加してもらってこの何ともいえないモヤモヤした感じを味わってもらいたいと思います。

そうはいっても、今はちょうどロケットが発射したところ、がんばりどころですからしかたないと思ってます。ある程度の規模になればひとり当たりの負担はずいぶん減るので、それまでは辛抱しなくては。それまでは決して投げ出しません。自転車で鍛えた?根性で継続しますよ!そして、あなたの「よし、そんじゃオレも!」をずっと待ってます!!
posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

田植え

070522hwc.jpg

秦野市森林づくり課より、この26日に行われる田植えのボランティアスタッフの要請がありました。この事業、これまでにこのブログでもお伝えしているように環境省里地里山保全モデル事業の一環として行われるものです。具体的には「表丹沢の棚田でもち米、古代米づくり」で、耕作放棄となってしまった田を復活させ、古来の農法で米を造る過程を通して里地里山における自然とのふれあいや理解を深めようという趣旨です。今回は小学生にこうした体験をしてもらうことになっており、私達の仕事はそのお膳立てや裏方さん作業の担当です。菩提地区の農家(林業と兼業の方も多い)のみなさんや森林づくり課のみなさん、そしてボランティアスタッフ(主に里山を守る会など)が一丸となって取り組んでいますので、(田植えは直接的にMTBとは関係ありませんが)こうした活動にMTB団体から人員を派遣するのは非常にアピール力があります。おかげさまで、これまで続けてきた約一年間の活動もようやく軌道に乗り始め、現在では地域にMTBが認められつつあります。将来的には公認MTBフィールドの実現化も視野に入れ、今後益々組織的活発な行動を期待されている状況で、今年度最初の事業であるこの田植え、がんばらなくてはなりません!

という訳で今度の土曜に参加していただける方を募集してます!名簿を提出しなくてはなりませんので金曜の朝まで当店にメールください。
mail@mtb-otake.com
(全角になてってます。送信の際は半角英数にしてください)
posted by 店主 at 19:42| HWC | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

田植え

070526taue 2.jpg070526taue 1.jpg

4月28日の畦つくりに始まり、この12日の代掻き荒しろといわれる水を張って土を耕す作業を経て、やっと田植えです。本日の主役は地元の小学生約30人です。私たちボランティアは裏方さんに徹します。(いやはやお膳立ても大変です)田植えは子供たちにとっては泥遊びみたいなもん、快晴の空に歓声が絶えることありませんでした。自分達で植えた苗が育って、お米にになり、それを食べる…。お米はスーパーで取れるものと思っている?現代の子供達にはいい経験となることでしょう。この子供達、そしてその次の世代、ずっと秦野の自然がそのままであり続けて欲しいです。
posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

チェーンソー

070703cs1.jpg

森林整備に必要となるチェーンソーの取り扱い研修会があります。ご存知の通り、チェーンソーは作業になくてはならいものですが大変な危険も伴います。作業手順や整備などをしっかり学び安全に取り扱わなくてはなりません。市内の里山保全ボランティア団体は必ず2名以上受講の要請がありました。

日時 8月29日および30日
場所 里山ふれあいセンター
受講費用 10000円

水、木の平日です!両方参加できる方。(一日だけではダメ)
受講費用については2名分のみ市から半額の補助金があります。
受講された方には林業木材労働災害防止協会より終了証が交付されます。

希望者は7月8日までに当店まで。
横2.5縦3.5センチの写真と受講費が必要です。
締め切り以降は直接秦野市森林づくり課へ申し込んでください。
posted by 店主 at 09:53| HWC | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

里山ボランティア

070707hwc 004.jpg070707hwc2.jpg070707hwc1.jpg

秦野ホイールクラブとして、かねてより里地里山ボランティア活動林の申請を行っていましたが、このたび正式に決定しましたのでご報告いたします。当初は三の塔尾根下部で申請していましたが、市街地から奥まった場所である、標高が高い、地権者との調整などの理由から、場所の変更を要請されていました。新たな場所は森林づくり課に調整いただいた結果、「秦野市菩提向山2244番、同2233番」に決定いたしました。面積は2244番が4915、2233番が1600平方メートルです。すでに平成19年7月2日付けで「地権者」「秦野ホイールクラブ」「秦野市」の間で正式に協定書が取り交わされております。

以下、その協定書要約です。
「里山ふれあいの森利用協定書」
1.協定書の趣旨
広葉樹を主体とした森林を、地域住民の林業体験等自然を舞台としたふれあいや生きがいの場として有効に活用し、森林や林業に対する理解の高揚を図ることを目的とした里山ふれあいの森づくりに賛同し、甲乙及び丙の3者合意のうえ、この協定を結ぶものとする。
2.協定期間
契約締結の日から平成24年3月31日までとする。ただし、協定期間満了3ヶ月前までに特段の意思表示ない場合は、この協定が更に一年の効力を有するものとし、以後も同様とする。
3.対象地
上記の通り
4.里山ふれあいの森整備役割分担
(1)甲(森林所有者)
森林利用団体が行う森林の利用について承諾
(2)乙(森林利用団体)
ア、林業活動や自然体験等ふれあい活動を行う
イ、使用期間の森林の被害及び団体の活動中の事故については、利用団体の責任とする。
(3)丙(秦野市)
土地所有者と森林利用団体との調整を行う。
5.協定の解除
甲がこの対象地を使用する必要が生じた場合は、この協定を解除できるものとする。

…以下、省略させていただきます。

現地は菩提森林生産組合活動林と接しています。今後の活動については同組合のみなさんに実際に教えていただきながら、共同で作業することになると思います。近日中にヒルの実地調査活動があるようです。

これから、みなさん、より一層のご協力お願いいたします!!
posted by 店主 at 14:35| HWC | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ボランティア

今週の土曜、14日に里地里山活動があります。5月に田植えをしたたんぼの草取り及び追肥作業です。雨天決行!午前9時より正午まで。たんぼの中に入りますので足袋が必要です。なければ素足でも大丈夫。泥で汚れます。気温の上昇が見込まれますので十分な量の飲料水を持参してください。当日は前回と同じ北小学校の生徒も参加します。参加人員を届けますので木曜までにご連絡ください。

前回の模様が「秦野里地里山」ホームページにアップされています。
左下のリンクよりどうぞ。
posted by 店主 at 18:45| HWC | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。