2006年10月26日

いつもの山

061026ride.jpg

 ひさびさに、いつもの山に行ってみました。数ヶ月のごぶさたでしたが、山は以前のまま、静かなもんです。季節だけが過ぎて紅葉が始まり、これから一ヶ月ぐらいが最高のシーズンとなります。
 いつもはクロモリリジットですが、ちょっと目先を変えて4インチストロークのWサスに乗ってますが、まあこれはこれでいいもんです。でも、この痩せ尾根の次に待っている担ぎセクションには苦労させられました。車重が重いのはまあ許せるとして、担ぎにくいったらありゃしない。前三角が小さいのでサドルのベース部を肩にするのですが、これだと前輪が下がるので、急傾斜の地面に当たってしまうんですよね。で、じゃあ、前後逆にすれば少しはマシかなと思って、やってみましたが、イチイチ自転車を反対向きに担ぎ、また反対向きに下ろすのが面倒くさい。しかたないので小さい前三角に強引に肩を入れて担ぐと、今度はアウター受けがモロに肩に当たる…。しかもその中央のオイルラインを止めているロックタイ(インシュロック)の頭の部分がグリグリ肩に食い込み痛いのなんの。
 結局、担ぎなんてのは想定外なんでしょうね。結局、欧米仕様ってことです。昔、モンキーさんのMTBにトップチューブベンドしたやつがありましたが(今もあるのかな?)ちょっと見た目はカッコ悪いけど、小さい前三角の人にも、こうした苦労をせずに山を走ってもらおうという、暖かい親心がこもったデザインなんですね。まさに機能的なデザイン。最近のデザインってカッコつけるためや差別化のためが多いですが、アウトドアユースのものはやはり機能に優れたデザインであって欲しいもんです。


posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

秋晴れ

061109ride3.jpg061109ride2.jpg061109ride1.jpg

 朝、窓を開けると気持ちのいい快晴。富士山がバッチリ見えます。いろいろ忙しいのですが突発的に山に行くことにしました。まったく仕事もしないで、しょーがねえ店主だな〜、てな声が聞こえて来るような気もしますが、山が呼んでいるんだからしかたありません。(理由になってない?)
 言ってみりゃ、いい波を狙うためにわざわざ湘南に引っ越すサーファーと同じ。「こりゃ、出動するっきゃないでしょ!」という絶好の条件を逃さない場所に住み、仕事も自由に調整できる人生って、お金に換えられないぐらい豊かなものだと思います。もちろんそれも「俺のMTBまだできないんだよね〜。あの店主だからさ〜」なんて大目に見てくれるお客さんあってこそ。本当にいいお客さんに恵まれ感謝しています。

 おかげさまですばらしいライディングを満喫、午後2時にはちゃんと仕事に就くことができました。残業のあとはビールが待ってるぜ!
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

晩秋の山

061122ride4.jpg061122ride3.jpg061122ride2.jpg061122ride1.jpg

 サイクルショーも終了しホッ一息。という訳でまた山です。紅葉も終わり、霜が降り始める今ごろはハイカーが少なく静かな山の雰囲気が味わえます。
 さっきまで晴れて富士山も見えていたのに、いきなり天候が急変。あっという間にガスってきました。風が当たらないところでけなげに咲く花、吹きさらしの頂上で枯れ果てた花、晩秋のせつなさをひっそりと演出していました。
posted by 店主 at 17:49| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

近場の山

061129ride 004.jpg061129ride 003.jpg061129ride 001.jpg

 午前中用事があったので、近場の山に行ってきました。市内から2時間もあれば往復できるので、地元ローカルにとっては庭みたいなもん。スペアチューブもポンプもボトルも持たないで行くツワモノ?もいるぐらいです。
 気持ちのいい澄み切った快晴。ん?桜が咲いてる?寒桜でした。紅葉もこれで最後でしょう。冬に入る前のホッとするような暖かい日でした。

posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

本日も

061202ride 005.jpg061202ride 003.jpg061202ride 001.jpg

 本日も山です。もうほとんど毎日って感じで乗ってます。(ちょっとオーバー?)足は完全に復活しましたが、心肺機能はまだまだダメ。中年だし、もうこんなもんと現実を受け入れないといけないのか…そんなことに想いをめぐらし自問自答しながら登るのもまたオツなもんです。
 眼下に見えるのが秦野市街地です。(気温が高いのでモヤってます)このどこかに当店があります。
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ロードライド

061207ride 011.jpg061207ride 006.jpg061207ride 001.jpg

 天気予報によると明日からしばらく天気崩れそうなので、コリャ乗っておかないと、とショートライドに出かけました。いろいろ忙しいので早く帰らなくてはならないので本日はひさびさにロードです。秦野というと山の中というイメージですが実は海まではロードで30分ほどしかかかりません。
 海岸では水平線を眺めながらヨガを行い、また瞑想です。なんか最近瞑想とか無我の境地が多いですが、特に宗教にはまっている訳ではありません。忙しくせわしないのは誰でも同じ、その中に溺れそうにりそうになった時、ふと時間が止まったような瞬間を感じるのはいいもんです。以前にもどこかで書きましたが、そのロケーションとして最適なのが山、海、川、などです。いってみれば大地のエネルギーが満ちているところ。「気」がたくさんあるところです。
 そういえば、LITESPEEDのVORTEXというロードありましたが、このVORTEX、大地の気が放出している場所のことだそうな。なかなかナイスなネーミングですね。
posted by 店主 at 16:18| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

近況

061221ride 002.jpg

年末は誰でも忙しい。自転車屋も同じ。仕事いっぱいです。でも、公約通り?作業はマイペースです。てな訳でただ今作業でお預かりしているものも年明けになる予感。覚悟してください。

ブログの方は妙に続いていまして、コメント、トラックバックお断りの一方通行の割りには、親切な方からわざわざ「見てますよ」なんてメールいただいたりで単純な店主、気をよくして?「おーし、そんじゃマメにやってやっか!」と意気込んだら、サーバーのメンテナンスだと。でも過去にさかのぼって更新しときましたので月曜分から見てください。

上の写真は丘の上から見た小田原市街地と伊豆真鶴半島。垂れ込めた雲から差し込む陽光はひとときの忘却のかなた…って、単なる現実逃避だったりして。
posted by 店主 at 18:21| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

客人きたる

061230ride 011.jpg

友人が愛知とドイツからわざわざ走りにきてくれました。ここ数年、暮れの恒例走行会となってます。天気は快晴、関東平野一望の山頂では話が盛り上がりました。単独行もいいけど、仲間と行く山もまたいいですね。また、来年走りましょう!
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

年納めライド

061231ride 004.jpg061231ride 003.jpg

店内かたづけがまだ終わってないというのに、最終ライドにでかけました。やっぱり、ケジメだけはつけておかないとね!(なんのケジメか意味不明)山の神様今年もありがとうございます。また、来年も来ますからどうぞよろしくって感じですか。
 ずっと昔からそこにあり続けている富士山、太平洋。今こうして眺めているのはその一瞬の一断面。自分はいつまで山の上から見ることできるのだろう…と妙にセンチメンタルな感じの最終日でした。

今年もみなさん、ありがとうございました!
新たな年がみなさんにとってよい年でありますように!
posted by 店主 at 17:45| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

初ライド

070102ride 002.jpg070102ride 007.jpg

今年初のライドは元日から組み上げてやっと完成したGIANT ANTHEMで行きました。前回の教訓から前サスをFOX TALASにハンドルはもちろんライザーバーに変更して、さらにホイールまで変えてショートストロークトレイル仕様にしてみました。

まず、ポジションがいつも通りになったので登りやすくなりました。やっぱりオジサンはライザーバーですな。後ショックユニットのMANITOU SPVはこうしたXC系の性格の車種に合っているようでいい感じ。前サスは以前のがSIDだったのでストローク80ミリぐらいじゃないとなー、でも下りが80じゃ物足りないよな、という心配性が出てストローク可変にしたのですが、これがダメでした。下りではもちろんサスを伸ばしてみたのですが、イメージではライトウエイトなWサスということでタイトターンをヒラリヒラリ…といくはずだったのですが、アレッなんでこんなに曲がれないの?って感じのふがいない走り。コーナーリング中のタイヤの接地感が非常に希薄な感じです。前サスを伸ばすことによりBB位置がかなり高くなったのが原因のひとつでしょう。それと小さめのフレームでサドル位置やステムなどでやや後乗りポジションにしたのですが、それも結果的にはあまりよくなかったようです。

まあ、その程度は慣れの範囲の違和感かもしれませんが、ちょと自分の感性にはピンときませんでした。ということでもう少し乗り込んでみます。
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

極寒ライド

070111ride3.jpg070111ride2.jpg070111ride1.jpg

天気予報によると典型的な冬型の気圧配置。ということは寒いが安定しているということ。こりゃ行くっきゃない、と出動しました。走り始めがちょうど0度、高度を上げてもう山頂がすぐそこまで見える地点(ちょっとオーバーかな、でも近いです)まで根性で行ってきました。日差しがあったのでマイナス5度程度だったのはラッキーでした。風がもろに吹き付けると体感的にはマイナス10度ぐらいなんでしょうか。

これだけの低温だとタイヤのゴムが硬くなります。KENDAのSTICK-Eもくっつくスティックじゃなくカチカチの棒のようなスティックになってしまいます。同じくMAXXISもダメですね。低温環境に強いのはIRCとミシュラン、さすがです。まあ、どちらにしろいったん解けて再凍結したところは転ぶしかありませんが。

気軽に行ったみたいに書きましたが装備、体力、天候がちゃんとしてないと絶対無理です。凍傷になります。
posted by 店主 at 19:37| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

初心者ライド

070121ride.jpg

昨夜からの雨が心配でしたが、なんとか朝にはあがりました。ひさびさに総勢11名の大人数の初心者ライドです。予定の山は積雪の恐れがあるので、近場の山に変更。それでも登りに2時間ほどかかる「ちょっと大変」なライドとなりました。

前回に引き続き、上級者が初心者に走りを指導しながらのスクール的走行会。いきなり本格的トレイルに転倒者も多かったですが、これでまたうまくなりましたね!

ところで本年度の当店の初心者育成プログラムですが、次のようになってます。
1月から春まで 
始めたばかりの本当に初心者対象。オフロード走行の基礎を習得していただきます。
5月から9月ぐらいまで
富士見パノラマ走行や耐久イベントに挑戦!

脱初心者。本格的なトレイルにデビュー

さらにライドを重ねればもう上級者!?

という年間計画です。みなさん、ついてこられるよう少なくとも一週間に2回は必ずエクササイズしてくださいね!テクニック的なことは教えられますが、フィジカル的なものはフォローできません。みなさんの心がまえにかかってますので。落ちこぼれた方はまた来年から出直しとなります。(秋や冬に初心者ライドはやりません)ややスパルタ体育会系の初心者育成プログラムですが、それも早くすばらしい体験してもらいたいから。がんばってください!
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

雪中ライド

070127ride4.jpg070127ride3.jpg070127ride2.jpg070127ride1.jpg

本日は超ウルトラ上級者ライドに行ってきました。気温は高く、しかも快晴でしたが、いかんせん雪が多すぎました。しかも高い気温のせいで雪質が重く、いつもなら2時間で登るところを3時間もかかる始末。苦行の登りを終え、待望の下りセクションに突入するも、ほとんど乗車不可能なぐらいの積雪。先頭交代でラッセルして林道に出たところで予定のコース走破は絶望的と判断、ショートカットすることに。残念ですがしかたありません。条件厳しいほど安全第一ですから。

まあ、とにかく今までで一番過酷な条件でしたが、それも終えてみればいい思い出。体力、技術、装備、天候が万全でないとなかなか経験できないプチアドベンチャーでした。いつまでこんなことできるのだろう?帰りのヒーターの効いた車の中でふと思いました。
posted by 店主 at 20:15| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

新年会

070211ride10.jpg070211ride9.jpg070211ride8.jpg070211ride7.jpg070211ride6.jpg070211ride5.jpg070211ride4.jpg070211ride3.jpg070211ride2.jpg070211ride1.jpg

もう十数年続いている「西相模自転車狂走会」の新年会。競争じゃなく狂走の名の通り、普通のライドじゃありません。食材、酒、調理道具を全部ザックに詰め込み、山のテッペンで盛大な宴会をするんです!強烈な重さのザックを背負い2時間の林道登り、時には雪の中で数時間に渡る宴会、その後、飲酒ダウンヒルとさまざまな体力?が試されます。今年は快晴、しかも暖冬の影響でこんなに暖かくていいの?と思うような絶好の宴会日和でした。

内陸の厳しい山もいいですが、海の見える山もいいもんですね。早咲きの桜、菜の花…ともう春満開です!
posted by 店主 at 18:58| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

お花見

070401ride3.jpg070401ride2.jpg070401ride1.jpg

お花見ライドにふさわしい(というか暑いぐらい?)の陽気の中、のんびりと里山をツーリングしました。ここ神奈川県西部の丘陵地帯はのんびり走るのには最高のロケーションですね。マッタリとビールなぞ飲み、花を見ながらの昼食。いや〜、最高でした!
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

訪問

070404ride 018.jpg070404ride 009.jpg070404ride 002.jpg070404ride 006.jpg

埼玉のサイクルハウス三上君からのお誘いで、長瀞のモンキーベースを訪問しました。高田馬場のモンキーさんとは当店が開業するときからのおつきあい。言ってみりゃ、当店の大先輩、独自の経営方針?というかショップのあるべき姿におおいにインスパイアされましたし、今も越える目標でもあります。そのモンキーさんがセルフビルドで山荘?を建てた事は話で聞いており、木工が趣味の私としては是非見てみたいというのもあり、雨の中秦野を出発しました。

いつもの丹沢とは違い明るい山容の秩父地方に近づくと、雨もあがり日も差すまずまずの天気。ライドはまったりと舗装で登り、面がきれいでコーナーが連続する極上シングルの下りをアテンドしていただき大満足。短かめながらナイスなトレイルでした!と、同時に、こんなトレイルだからモンキーさんのバイクなんだな、と納得した次第。それはドバーっとバイクまかせでスピードを追求するのではなく、コーナーをいかに気持ちよく曲がるか、に主眼がおかれたスケルトンやパーツアッセンブルに見てとれます。ショート気味のフロントセンター、あまり長くなく適度のストローク(100ミリぐらい?)の前サス、低めのブロックのタイヤなど…。シンプルにMTBの楽しさを追求したMTBにおける清貧さ、品格を感じますね。さすがです。一方、丹沢はもっと斜度がきつく、木の根がボコボコ、岩がガラガラですから、もうちょっと長いサスで荒れたトレイルを突破する走破性を加味したのが当店のバイクという訳です。どちらも欧米のマスプロダクションの対極に位置する個性的ドメスティックMTBということでいわば兄弟(師弟かな?)バイク。これからも互いにブラッシュアップしていければ、と思いました。

以下、写真の解説
三上君のindependent チタンフレームにクロモリリジッドフォーク。KINGのハブ、MAGURA MALTA-SLとコテコテのオタク仕様。渋いです。シートポストはTHOMSON ELITEでしたがどうせならマスターピースでしょ!

トレイル脇のカタクリの花。

メンバーにはライターのコイチロ氏も。
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

パノラマ

070503pano4.jpg070503pano3.jpg070503pano2.jpg

快晴のGW、お客さんと富士見パノラマに行ってきました。駐車場はほぼ満車の盛況ぶり。DHバイクやリジット入り混じってみなさん思い思いに楽しんでいました。レースもいいけど、たまにはこんなファンライドも楽しいものです。みなさん、また一緒にお願いしま〜す!
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

新緑

070520ride6.jpg070520ride5.jpg070520ride4.jpg070520ride3.jpg070520ride2.jpg070520ride1.jpg

いや〜、やっぱり山はいいですね!そりゃ、登りは大変ですよ。息は乱れ、体中の汗腺から汗が噴出します。それも数時間こなすと日頃蓄積した悪い脂、アルコール、ストレスなんかが流出しきるのか、疲労物質が脚から脳内まで回るのかわかりませんが、実にすがすがしい感覚に変化してくるもんです。それもまたよし。この日は高度を上げると緑は一層鮮やかになり、茶色であるはずのトレイルまでが新緑に染まって見えました。そして頂上で迎えた大パノラマ。南に富士山、西に南アルプス、東の遠方に関東平野まで望むことができ、もう最高でした!

みなさん、MTBフィールド=北米。DVD見て「いいな〜、あんなところで走れて」と指をくわえていませんか。灯台元暗し。日本だってあるんですよ。いいトレイルが各地に。海外にひけをとらない、すばらしい景色、楽しい下りが待っています。何より、わが国ははっきりとした四季と水と緑があります。せっかくすばらしい国に住んでいて、すばらしいフィールドもあり、こんな楽しいスポーツがあるんです。ひとりでも多くの人に日本のMTBライドのすばらしさ、知ってほしいです!
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

富士山

0705223ride6.jpg0705223ride5.jpg0705223ride4.jpg0705223ride3.jpg0705223ride2.jpg0705223ride1.jpg

気持ちのいい晴天が続いています。あと少しでいやな梅雨、できる限り乗っておかないと。個人的には毎年梅雨をもってトレイルシーズン終了していましたが、去年の骨折の経験から暑くても乗っておこうかな、と思ってます。

関東西部を主フィールドにして早16年ほど、いろいろな山を走りましたが、どの山からでもたいてい富士山を望めます。トレイルに出かけない時でも毎朝、窓を開ければ富士山がたいてい見えます。それだけ富士山が近いということで当たり前化していますが、タマに至近距離から望むとやっぱり美しいな〜、と再認識させられますね。
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

リアクション

0705224ride 3.jpg0705224ride 2.jpg0705224ride1.jpg

本日も仕事もせず?山です。春は3ヶ月ぐらいでほんの数回しか乗っていないので、その分取り返さないと。ところで、たいてい山では中高年のハイキングのおばちゃん集団に遭遇します。おばちゃんのパワーは山でも炸裂。質問攻めに合いました。「うわー、すごいわね。脚のトレーニング?競輪選手?」「違うわよトライアスロンっていうのよ、今流行ってるんだから」「違うわよ、マウンティングバイク(なぜか現在進行形?)でしょ!」いろいろな表現?があるもんですがイマイチ認知されてようで。そういえば以前は「国体関係の方?」なんて聞かれたこともありました。国体関係って意味わかんないんですけど…。リアルアスリートってことで褒め言葉なのかな。

次に、いかにもプロ林業関係者のおじさんに遭遇。腕には森林監守 神奈川県の腕章。あいさつだけして通りすぎようかな、と思いましたが、ここはやはり筋道通しておかなくては、と思い声かけてみました。「ご苦労さま。私は自転車で西丹沢の山(本日は神奈川静岡県境尾根を走ってました)走らせてもらっているものです。」といった挨拶から始まり、秦野市で里山保全ボランティア活動などもやって山の保全に協力してます、などなどマウンテンバイクについて一通りご説明申し上げておきました。里山保全事業はさすがプロ、よく知っておられて、それをきっかけに会話が一気にフレンドリーな雰囲気になりました。監守のおじさんによるとMTBでの走行は事故にだけ気をつけてもらえばかまわない、とのお言葉。ありがたいことです。あってはならないことですが、もし万一、無謀なMTBライダーが問題起こした際は当店にまず連絡して欲しいとも伝えておきました。指導徹底します!といっておきましたから、みなさん常識的なMTBルールの尊守お願いしますよ。
posted by 店主 at 21:21| RIDE | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。