2007年01月09日

廃棄物

070109haiki.jpg

自転車屋から出るゴミは事業系ゴミなので産業廃棄物処理業者に引き取ってもらいます。もちろん捨てるには処理料金を支払います。(アルミだけはわずかなバックがあります。タイヤが高い!)本日は昨年出したゴミのマニフェスト票が郵送されてきました。マニフェストといっても選挙ではありませんよ。廃棄物が最終的にどのように適正に処理されたか追跡するための伝票です。当店が出した鉄くずは溶解処理されて再利用されるようです。鉄の塊になって中国に行くんでしょう。ゴミじゃなく資源ですね。一方、古タイヤは切断処理され、新潟のセメント会社で焼却処分されたようです。

ところで、MTBで走るような裏びれた里山って不法投棄がすごいですよね。もうありとあらゆるものが捨ててあります。冷蔵庫、テレビ、ソファ…雨に濡れシワシワになったエロ本も定番の?投棄物です。そのモデルがとんでもないオバサンのブスなんですよね、なぜか。きっと高校生あたりが自販機で買ったはいいけど期待はずれだったんでしょう。チキショー、損した〜なんて、谷間に花さかじいさんのようにぶちまけた様が目に浮かびます。

とにかく不法投棄防止の理想的システムとしては、ありとあらゆる製品購入時にその処理費用をデポジットするのがいいと思います。デポジットを取り返すには適正に処理するしかない、それぐらビシッとやる必要あるんじゃないでしょうか。


posted by 店主 at 18:13| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

講習会

070117gnt3.jpg070117gnt1.jpg

毎年この時期は自転車店がヒマということで?講習会がたくさんあります。今回はROCK SHOXサスペンションとHAYES/AVIDディスクブレーキなどで赤坂まで行ってきました。

よりによって出かけなくてはいけない日に限って朝から雨。イヤだな〜。まだ薄暗い中、駅に向かいました。運よく座れて、新聞に目を通すも、ものの数分で居眠りモード。ふと、なんか肩が重い感じで目を覚ますと隣の女性が思い切り寄りかかっている。ポマードのおじさんよりはいいけど、こっちが気まずいぜ。早く目を覚ましてくれ!でも、ひたすら爆睡モード。車内はいつのまにかギュウギュウ詰めとなり、雨の湿気と人いきれで蒸し暑くなるが、プルオーバーのジャケットなのでそう簡単に脱げない。ウ〜、あづい〜、誰か窓開けてくれ〜。ついに額から汗が流れてきた。しかも、前の女子学生の「このオヤジ、汗かいてるよ〜」という視線攻撃を受け、さらに汗が出るという悪循環。もう途中下車しようかな、と何度も思いつつ、やっとの思いで新宿に到着。しかも隣の女は「次は終点、新宿〜」のアナウンスでチャッカリ目覚めるし。ホント疲れました。。。

で、講習会の方は07ROCK SHOXミッションコントロールダンパーと2ステップエアーの分解講習及びディスクブレーキのオイルブリーディングと基本的なもの。参加のショップさんも毎度いつもの顔ぶれ。こうした作業に取り組むショップとそうでないショップが分かれてきていると感じました。確かに面倒ですもんね。そんなのできなくても新車が売れれば結果オーライですから。当店の場合もそれをセールスにつなげるというより、ほとんど自己満足みたいなもんですから。自分でもわかってます。そんな中、いくつかのショップ、ロードレーサーのショップとして有名なのに毎回キチッと来ています。きっとロードの組み立ても誠実な仕事ぶりだと思いますよ。

写真はマエストロのベアリング脱着工具。木のケースがオタク心をくすぐります。タイヤはWTB PROWLER XT 2.3 RACE(左側)なかなか良さそうです。


posted by 店主 at 17:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

自転車誌

070215book.jpg

今月号の自転車人、いいですよ〜!おじさんや昔からのマニアにとってはもう涙モンです。自転車誌はたいていサラッと読んで古紙回収に出してしまうのですが、ひさびさの「殿堂入り」決定ですね。内容は「Made in Japan」日本のフレームビルダーを訪ねて…といった特集が組まれており、TOEI/WATANABEといった大御所を始め、有名どころのビルダーが17社載ってます。文章がまたいい!泣けます!

とにかくどのビルダーさんもそれぞれがきらめくような「個性」がありますね。フレームのブランドを選ぶというより、ビルダーに共感できるものがあるかどうかが選択基準となるほど、「人間的」であるわけです。とあるビルダーさんがおっしゃっていたように、フレームはライダーとビルダーが共同で造りあげる真剣勝負の芸術品というのもうなずけます。そんなところが外国で「和」が見直されているのと同期してCOOLと捉えられているのでしょう。そう考えると鉄ってホントに奥深いもんです。単なる素材がスピリッツやカルチャーになっちゃうんですから。

ところで、その競輪バイク。今流行りのストリートカルチャーなんて持ち上げられていますが、客観的にはすでに陳腐化しつつあるところがちょっと悲しいです。そもそもファッションというものはまだ流行る前段階、アンダーグラウンドな雰囲気が最高COOLで旬であるわけで、本当に流行ってしまった時点では、もうすでにオールドファッションというはかないものといえます。このような本流になりえない流行は希少性、レアであることこそ命。そもそもその本流そのものが非常に小さいわが国の自転車界においては、このぐらいの浮上すればもう頭を打ったといえるでしょう。さっさと次の流行りに乗り移るか、かたくなに貫き通し、一周してその根性がCOOLといわれるまでイタイといわれ続けるか…。どちらにしろ、流行りを追求すると、いかにアイデンティティを表現するかという本質に行き着いてしまうのですね。上っ面な流行りが一番カッコ悪いということで。
posted by 店主 at 17:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

コメント

070215fuji.jpg.JPG

このブログ、「コメント、トラックバックご遠慮願います」という変なスタイルを取らせていただいてます。完全なる一方通行、web2.0時代にひっそり咲くあだ花、スタンドアローンブログって感じでしょうか。
それなのにわざわざメールでコメントいただくことがままありまして、それはそれでありがたく思ってます。それにしてもいただく方はなぜか米国の在住の方(日本の方が仕事で渡米している)が多いのはなんででしょう。それはともかく、きのうの記事についてのコメントは多かったです!あの特集はホントよかったですよね〜。まだ、入手していないオタクの方、プレミアがつく前に本屋にGOですよ!
余談ながらあの本に載っている白い当店フレームのオーナー、某ショップの店員なのにわざわざ当店にきていただきご注文いただきました。でもって、新品のフレームを剥離して白く再塗装、シマノパーツは一切使わない、とか変人ぶりがすごかったです。(失礼)
posted by 店主 at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

終わりました!

事務仕事がやっと終わりました〜!ふ〜、毎度のことながら大変でした。みなさま、ご協力ありがとうございました。この週末から通常通り営業いたします。作業がたまってしまいましたが、これから順番に消化していきますので、よろしくお願いいたします。
posted by 店主 at 23:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

春需

070306bike.JPG

事務仕事が終わり、ほっとする間もなく春需到来です。春需とは業界用語で春の繁忙期、あるいは自転車の需要が増加する時期という意味です。毎年自転車屋やってますと(変な日本語かな?)その到来は風のぬるさ加減でだいたいわかるようになります。梅の花が終わり、桜の花がもうすぐ開花するころ。ちょうど花粉が飛び始めるころでもあります。関東地方だと3月の最終の週末が相場といった感ですが、今年は暖冬のせいで3週ほど早まっているようです。

自転車屋は冬のあいだはヒマです。なぜならお客さんが寒いと自転車乗らないから。自転車乗らないと部品、用品、自転車そのもの、なくても別に困りません。ここが食料品とか生活必需品と違うところです。お米やトイレットペーパーを購入しないで生活するってのは通常ではありえませんよね。自転車需要はまだまだ通勤通学に必要となったからとか、暖かくなってきたのスポーツでもすっか、みたいなどちらかというと受動的な動機づけなんですよね。もっと心の内面から湧き上がるようなモチベーション、「ウオ〜、自転車乗りてェー!!自転車くださーい」と自転車屋に足を運んでいただけるなら、春需なんか存在しないか、あってもその山はなだらかなものになっていることでしょう。

…と考えると、そのショップの実力というか、生涯スポーツとして自転車やっているお客さんどれだけつかんでいるかを測る指標として、冬のヒマさ割ることの春の忙しさという計算式が成り立ちます。この数字が1に近いほど年間を通じ、コンスタントに売上ているいい経営と判断できるわけです。当店の場合は春需の山は非常に穏やかで数字的にはまあまあじゃないかなと思ったりしていますが、そもそも分母も分子も微々たるもんじゃあまりアテになりませんね!?

写真は預かりの自転車で満杯になった店内。(売り物はほとんどなし!)お待ちのみなさん、仕事遅くてごめんなさい。がんばってやってますのでご勘弁を。
posted by 店主 at 15:12| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

事故

070312head.jpg

激しい事故車が入ってきました。当人によれば横から出てきた車に激突、ボンネットの上をスーパーマンのように飛んだそうです。幸いなことにケガは大したことなかったそうですが、運が悪ければ大変なことになっていても不思議ではありません。

ところで、自動車には自賠責保険の加入が義務づけられていますが、自転車には当然?ありません。自爆事故は自分持ちでいいのですが、対人および対物なしってのはこのご時世ヤバイですよ。たとえばサイクリング道路で犬を散歩させているおばあさんの方の横を通過するケース。犬のリードにひっかかってハンドル取られて人間に衝突!おばあさんが後向きに倒れてアスファルトで頭を強打。。。とか、渋滞中の車の横をすり抜けるとき、ちょっとバランスを崩してハンドルの先端が車のボディーに接触。その車がよりによって「その筋」の方の黒のベンツSクラス。「あんちゃん、この傷どないしてくれるんや!もう縁起悪くてこの車乗れんがな。新車にしてもらわんとな」。。。

どちらも十分ありえる話です。無保険だと当然補償自腹ですよ。身の破滅になる前に、乗るなら加入「自転車保険」です!当店で扱っているタイプで年間2830円の掛け捨てでとりあえず安心が手に入ります。保険のセールス活動じゃなく、ホントに入った方がいいです!というお知らせでした。
posted by 店主 at 20:26| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

近況

070316fuji.jpg

きのうはこの25日に開催予定の里山ふれあいセンター祭の準備会合に行ってきました。秦野市の主たる里山ボランティア団体が一同に集まったこの会合、あいうえおサークル、まほろば里山の会など「老舗」に混じって、新人である私たちホイールクラブも名簿の片隅にちゃんと載っていたのがちょっとうれしかったです。詳細はホイールクラブ連絡ページに載せておいたので見てください。

さて、近況ですが、おかげさまというか、ただ仕事が遅いだけというか、どちらにしろ最高に忙しい毎日を送っています。今のところ作業は受付順ということで対応させていただいております。相変わらず遅れがちですがご勘弁くださいませ。この一週間ぐらいが山、それを過ぎればたぶんいつもののんびり?ペースになるんじゃないかな、と思っています。ひさびさに導入した自分用の新しいフレームも一ヶ月以上放置されたままで店内にころがっているありさま、う〜ん、早く組み上げねば。

そういえば、ひさびさに道で会ったお客さん、「どう乗ってる?」と声をかけたら、「最近忙しくて全然…。」というご返事。昔からのお客さん、たいがいこんな風に忙しくなって乗らなくなってしまった人が多いですね〜。結婚して子供ができて、という年代的なもんなんでしょうか、それとも世相的なもんなのでしょうか。とにかく私を含め、みんなが以前より忙しくなっているのは確かです。これも経済のグローバル化ってヤツでしょうか?そのうち特殊な技能の持った一握りの人以外は、みんな中国やインドの水準に引っ張られてしまうのでしょうね。怖い世の中です。戦後米国が主導した安さ、便利さ、合理的、といった価値基準もそろそろ新しい基準へシフトすべき時期なのかもしれませんね。忙しくセコセコ働いている人が偉いのは昔の話…、にいつなるのかな〜?

写真は春になって積雪量を増す富士山。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

山通過

070319spg.jpg

長いことかかっていたオーダー車や入荷待ちの完成車などがぞくぞく完成、引渡しがほぼ完了しました。やっと忙しさの山場は通過したといったところです。みなさんお待たせして申し訳ございませんでした。これから春本番、バンバン乗ってくださいな!
posted by 店主 at 20:42| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

近況

070402flwr.jpg

もう超絶に忙しい毎日です!仕事がたまりにたまっています。がんばって消化してますが、お客さまには待っていただくケースが多くなっています。ご勘弁ください。そのうち落ち着くと思っていましたが、連休までこの調子のような予感がします。忙しいと、なかなかブログの方も更新できなくて。ネタはそれこそ山ほどあるのですが…。期待してるみなさん(っているのかどうか?)には申し訳ございません。そのうち読むのが大変なぐらいの長文、行きたいですね〜!
posted by 店主 at 21:11| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

B/O

070408tire.jpg

注文した覚えがないのにタイヤ6本が入荷しました。納品書確認すると、去年の9月に2本、11月上旬に2本、11月下旬に2本の発注したものの、その時点で在庫がなくバックオーダー処理されていたものでした。コンピューターにそのまま残っていた注残処理が入荷したのでそのまま出荷となったのでしょう。何回も同じ発注繰り返した当店、ひとのこと言えたもんじゃないですが、それにしてもそんな昔の注文、ちょっと気を効かしてくれればわかるでしょう、ダブりだって…。

今回はまあ、つきあい?でもらっておくことにしましたが、こうしたバックオーダー処理でさらに納得できないのが、その送料の扱いです。今回とは違う某問屋ではコンピューター注残自動出荷システムで1個だけ送ってきておいて、しっかりと送料が載っていますから。しかも700円とかで。(問屋のように多量の荷物発送するところは大口割引あるので格段に割安になっているはず)発注するときに送料無料になるようにせっかくまとめたのに、そちらの都合で品物切らしておいて、プラス送料請求ですよ。どう考えてもおかしいですよね。普通は「欠品してご迷惑おかけしました」と菓子折りでも同送するもんでしょう。…それは冗談としても、心情的にはそうですよね。菓子折りの代わりに送料請求ですからね。自転車業界の商習慣というか問屋の高飛車ぶりには参ります。
posted by 店主 at 12:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

近況

070414sakura .jpg

もう殺人的忙しさです!開業して間違いなく一番忙しい春です。自営業ですからヒマより忙しい方がいいのですが、これ以上はもう無理です。という訳で、ご予約分の作業でいったん締め切りさせていただきたいと思います。ごく簡単な作業と完成車販売を除き、時間のかかる作業は連休明けから受付いたします。よろしくお願いいたします。みなさん、自転車壊さないように乗ってくださいね!
posted by 店主 at 20:32| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

近況

070416oh 004.jpg

まさに怒涛の週末って感じでした。一時はお客さんが店内に入れないほど。(って、ただ店内がぐちゃぐちゃなだけなんですけど)当店に初めてお越しになったお客さまもいらっしゃいましたが、満足な応対できなくて申し訳ございませんでした。これにこりず?またお越しくださいませ。

もうこれ以上仕事できないってぐらいがんばったので(オーバーか)、ようやく何とか先が見えてきたかな、というところまで来てちょっとほっとしています。何しろ忙しさの元凶となっていた、超やっかいな全オーバーホール作業が終わり引き取り完了しましたから。そのオーナーの方の作業指示はすごいですよ〜!「すべての作業を写真撮影」ですから。サスを分解したら、ダンパーの状況、排出したオイルの汚れ具合。BBやハブ内部の中のグリスやオイルの汚れ具合などなど…。当店が信頼されていないのか、ただ細かい性格なのか、まあ、そんな事はどうでもいいですが、作業の途中でいちいち油まみれの手を拭いての写真撮影にはホトホト疲れました。施工前、施工後の公共土木工事じゃないつーの。この一台のMTBにほぼ丸々2日を費やし、いただく工賃からするとまったく割りに合わない仕事ではありました。まったく何やってんだかですね。でも全国いろいろショップがある中で、わざわざ東京を通り越して千葉からご来店したその人には当店に何か特別な期待があったのでしょう。期待されたからにはやります、やらせていただきますっ!おかげ様でいい勉強になりましたし、損はしてない…と思うことにします。。。
posted by 店主 at 21:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

雪!

070419snow 004.jpg

街の桜が散ったのに丹沢の山はまたしても雪! それも今シーズン一番の積雪量。
posted by 店主 at 21:09| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

自転車誌

070423mgzn.jpg

みなさん自転車雑誌買いましたか?私もBCのような全国誌?に登場してしまって、ちょっとヤバイですね。有名人になったらどうしよう…って、下らない心配してます。それにしても写真のフォーム、ヘナチョコでかっこ悪くまったくお恥ずかしい限りです。ひとつだけ弁解させていただくと、北米のパフパフの乾燥しきった路面は非常に滑りやすく、ちょうど雪の舗装路のようなんです。ちょっと車体を傾け過ぎたり、ステアリングをこじったりするだけでスパッとタイヤのグリップを失ってしまうほど。あの帝王ヤナギをもってしもヘナチョコフォームの写真残っていたりすることからもわかっていただけるでしょう。

その写真のMTBは当時お世話になっていたワイルドキャット平木さんに造っていただいたアルミの試作車。後にムーンライトという名称で発売されたようです。もしかしたら発売を見ることなく、急逝してしてしまったのかもしれません。まさにこれからMTBブームの絶頂といった時期だっただけに残念です。一方、車輪はこれまたお世話になった846八代さんのテンションディスク。しなやかな乗り味は独特。みんなつけてましたよねぇ。買えない人はプラスチックのシートだけ貼るヤツでガマンしたり…。とにかく海上さんの文章にあるようにいい時代でした。

他の雑誌にも目を通すと、サイスポはついにMTB関連の記事がゼロになっているではないですか!あ〜あ、ついにゼロですか。もう自転車すべてがカーボンロードじゃなきゃダメということですね。いやいや、そんなことない。それだからこそ細身のスチールやシンプルなピストでしょう、と隙間産業的「自転車人」の着眼点もそれはそれでいいと思います。で、私たちMTBに関わる人が一番応援していたMTBマガジンが休刊です。なんかM&Aが繰り広げられるビジネス界の栄枯盛衰を見ているようで、ナンともいえないものがありますね。実際のところMマガは個人的には内容はおもしろく好印象でしたが、これでみんなついてくるのかな〜と心配なところもあったのも事実です。世間一般的には折りたたみ車でまったりと東京下町探索みたいな「ゆる〜い」紙面造りが受け入れられているのが現状なんですから。そんなゆるい時代にハードコアパンクで大丈夫なのかな〜。そんなことは編集の方々も常々わかっていたしょう。男は一度決めたら、そう簡単に諦めてはあきまへん(なぜか京都弁?)、そんな呪縛にとらわれていたのでしょうか。要するにスタッフのみなさん、愚直なまでにMTBマニアでマジメな方ばかりだったのだと思います。フラフラせずに自分たちの理想の紙面造りに徹した結果がこうなってしまった…。心なしか当店に似ているような、B29を竹竿で打ち落とす的姿勢に心からエールを送りたいと思います。やりたいことと事業を結びつけることの難しさを身をもって?教示してくれました。編集の方々、ご苦労様でした。また、どこかでいい紙面造り待ってます!
posted by 店主 at 20:58| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

野菜

070424hatake3.jpg070424hatake2.jpg070424hatake1.jpg

一昨年ほど前から野菜つくりをやってます。現在では100パーセントではありませんが、7割がた自給できるぐらいになりました。というものの、以前は郊外の一坪農園でおじさんが一生懸命チマチマやっているのを見るたびに「ヒマだな〜、もっと他にやることないのかいな」と思っていました。それがいつのまにやら気がついたらそう言われる側になっていたのですから、人間の趣味嗜好も普遍ではないってことですね。元来趣味といえば、日曜大工、庭いじり、古い車いじり、古い自転車のパーツ集めとおじさんの趣味の王道を行っている店主、あとは家庭菜園、盆栽、へらぶな釣りを残すぐらいだったので、まあセオリー通り順調な歩みともいえますが。

その野菜、もちろん自分で食べるものですから無農薬は当たり前、化学肥料も使いません。近所のプロのお百姓さんも自家用は無農薬が常識。「虫も食わない野菜なんか人間食えるわけねーべ」と公言しちゃってます。そんなんでいいのかな〜、と思いますが虫のついていない野菜を消費者が望んでいるのだからしかたないですね。

ここのところの雨でレタスの芽があちこちから顔を出しました。これらは植えたものではなく、去年植えたものが種をつけ、それが地面に落ちて、勝手に生えてきたものです。こうした植えてないのに生えてきた植物は、数ある落ちた種の中で発芽することができたエリート中のエリート。生命力に満ち溢れているわけです。日照りが続いても、虫に食われても、やせた土地でもまず枯れません。その貪欲に大地のエネルギーを吸収した植物を食べることは、地球に生かされているって感覚がするものです。ホントですよ。これはやったことない人にはわからないだろうな〜。
posted by 店主 at 19:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

パノラマ

070425pano2.jpg070425pano1.jpg

7月に行われるシマノバイカーズフェスティバルのコース設定で富士見パノラマに行ってきました。この冬は暖冬で雪が少なめだったそうですが、春本番になってから低温が続き雪解けが遅いそうです。そういえば丹沢、箱根あたりでも桜が散ってから雪降りましたから。降って欲しい時に降らないで、解けて欲しい時に降るなんて皮肉なもんですね
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ウオーキング

070504walking 013.jpg070504walking 012.jpg070504walking 007.jpg

去年に引き続き平塚から鎌倉まで長距離ウオーキングに挑戦しました。自転車ばかり乗っていると歩く機会ってあまりないもんなんですよね。タマにはこれでもかってぐらい歩いてみようじゃないか。そんな単純なノリでやってみたところ、去年はかなりバテて己の体力低下ぶりに愕然としたもんです。今年はだいぶ楽な感じで完歩でき、なんだまだまだできるじゃないか、とホッしたりして我ながらノーテンキなもんだと思ってます。もともと、これぐらいの強度の運動は元自転車選手だったらへでもないのですが、去年はかなり気温が高く蒸し暑かったのに対し、今年は湿気がなくさわやかな天候がよかったのだと思います。

海岸線のサイクリングロードはいたるところで吹き寄せる砂が堆積し、まともに自転車で走れたもんじゃありません。そんな場所ではスタックする自転車、歩く人、犬の散歩の人、ジョガーが入り混じって渋滞が発生していました。そんな中、とある場所ではジョギングの人と地元の人が共同で?砂かき作業をしているではないですか。次の強風の日には元通りになってしまうかもしれないのにありがたいことです。ご苦労さまと声をかけると、そのおじさん、「いつも走らせてもらってるからね〜」と日焼けした明るい笑顔見せてくれました。

ランナーは気持ちいい道があるからこそ毎日爽快に走れる。サーファーは海があってこそのサーフィン。自分のローカルフィールドに感謝、リスペクトの気持ちを抱くのはいたってナチュラルな感覚なんだな〜と思いました。MTBも山を走るじゃなく走らせてもらっているんです。誰に?地球にです!
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

連休明け

070507oil.jpg

毎年連休も休まず営業していましたが、今年はあまりに忙しかったので、その反動で?思い切って長く休業させていただきました。とはいうものの、根が貧乏性というか、ケージの中でひたすら車輪回転させているハツカネズミの心境というか、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と結局いつものようにあわただしく終わってしまいました。ゆったりしたのはきのうの雨の一日ぐらいですか。。。

そして本日から通常業務開始!早速オーバーホール作業が2台入ってきました。いきなりで申し訳ございませんが、これで今週の作業の受付は打ち切りとさせていただきます。連休前からの持ち越しもあり、現在お待ちいただいている方の作業を最優先にしたいと思います。よろしくお願いいたします。

写真はオーバーホール中のディスクブレーキオイル。色はピンク色ではなく灰色、妙な浮遊物?まで混じっています。
posted by 店主 at 21:26| 日記 | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

070516car2.jpg070516car1.jpg070516car3.jpg

紺屋の白袴。趣味を仕事にしちゃいけませんね。とにかくこの春は忙しすぎました。毎日毎日来る日も来る日も自転車作業。自転車屋ですから当たり前ですが、何かにずっと追われているようなプレッシャーがずっとのしかかっていました。このままじゃ自転車嫌いになっちゃいそう!という訳でもないですが、やっと仕事もひと段落したのでひさびさに車をいじってみました。お世話になっているショップでパーツを購入。ブレーキローターをペンチレーテッド(以前はソリッド)、パッドをEBCのREDでハードブレーキング対応にしてみました。専門工具がないのでピストンを戻すのが大変でしたが無事装着。やった〜、できた!で、早速テストドライブに。お決まりの慣らしの後、ハードブレーキング一発。お〜っ、キク〜ゥ!作業は自転車と同じような事やっているのに純粋に「楽しい〜♪」と思えるのは仕事じゃないから。失敗してもいいし、納期も、お金も関係ありません。いじる→走る→またいじる→また走る…。結局、MTBと同じだったりして。。。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。