2006年08月20日

パソコンと…

0608newpc.jpg

骨折からちょうど2週間が経過し、足の腫れもかなり引いて普通にしている限りは痛みはおさまりました。その間、みなさんからたくさんのお見舞いや励まし、いただきました。ありがとうございます。

 で、この動けないのをいい機会にパソコンを取替える事にしました。今メインで使っているのはPOWER MAC の昔のもので、かれこれもう6年以上使用していますが今までほとんどノントラブル。さすがに今となってはスペック的に余裕がないので処理はやや遅いですが、一般的なソフトを動かす分にはまだまだ現役、まったく問題ありません。何しろ長く使ってきたおかげで、フリーズしたり爆弾マークが出たりすると「お〜、ヨシヨシ、今日は機嫌が悪いのか」と不出来な子供のような愛着?まで芽生えてしまったりしてます。
 しかしながら、今度はウインドウズ機にしました。というのも、ハード的にはまったく問題ないどころかむしろ使いやすいのに、ソフトの方がWINにしか対応していないものが増えてきたからです。特に財務会計などビジネス系がゼロではないものの、かなり限定されます。また、取引している問屋がWEBで発注などができるようになったのはいいのですが、MACに対応していなかったり、対応しているとしても最新のOSのみ(店主のは9.2と古い)だったりと、何かと肩身の狭い思いを強いられる場面が増えてきたからです。心の奥ではマイノリティーのレジスタンス活動家みたいに「オレたちは断固として貫くぜ、オー!!」と行かなきゃと思ってはいるものの、世間の大きな風潮には逆らわず、波風立てず、寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ、みたいな「まあエエじゃないか」理論?に負けてしまいました。我ながらまったく情けない限り、「歳とったな〜」と実感させられる敗北のチョイスでもあります。

 さて、ここからが本題。トレイルライド用チューブレスタイヤです。太さで2.2-2.3ぐらいのちょっと太めで、グリップのいいものがなかなかありません。お客さんに聞かれても「今、ロクなのないんだよね〜」と答えるしかありません。IRCミブロ2.25も悪くはないのですが、どちらかというとコギ重視のXC系コンセプトである事は否めません。あっという間に摩耗するし。MAXISのハイローラー2.35もコンパウンドがちょうどいいのですが、ブレーキング、トラクションの縦方向が不満です。KENDAの各シリーズもUSTだとゴム質が堅くウエットがダメだし。結局のところ、現状ではKENDAのSTICK-EのタイヤにNO TUBEの液体を入れて強引にチューブレス仕様にするのが一番いいようで。ただし手間がかかりますし、リスクもありますのですべての人に正々堂々とおすすめできませんが。

 チューブレスシステム自体はコギは軽いし、低圧可能でクッション、グリップいいし、リム打ちパンクしないし、まさにオフロード走行にはいい事ずくめ、まさに理想的システムです。しかし、いくらいいシステムでもそれに必要なソフトが供給されなければ、みんなが飛びつくような圧倒的シェアを得る事はできません。今は過渡期という事でもうちょっと様子を見る必要があるとは思いますが、この先ずっと現状のような状態だったらトレイルライドに限っては「チューブド」がウインドウズという事になると思います。
…という訳で、いいタイヤ出てくれる事を願わずにはいられない骨折の日々です。(ヘンな結びですね)


posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。