2011年05月30日

大理石設置

   110530stone1.jpg

店舗左側入り口に例の大理石(花崗岩)を埋め込みました!そもそのこの中途半端な幅17センチ程の妙な空間。それは本来壁のないところに新たに壁を造ったので、その土台(基礎)のため床板をはがしたあとなのです。それと当初の予定では入り口ドアは引き戸だったので、その扉が引き込まれるスペースを合わせた寸法がこの幅というわけです。しかし、いろいろあって引き戸はやめて右入り口と同じ観音開きを採用したので、このムダなスペースどうやって処理しようか、と考えていました。

そんなところにお客さんからピンクの色目が入った大理石をいただけることになり、それがなんと厚さ約30ミリとぴったり!幅は若干合いませんでしたが、石に合わせて床を切り直しました。石を切るのに比べたら床なんて楽な方です。(それでも丸ノコの歯が下のコンクリートに接触しないギリギリを狙わなくてはならないので大変には違いありませんが)ただ置いただけでは若干ガタガタぐらつくのでタイル用接着材で固定しました。できれば接着材やモルタルを使いたくなかったのですが、入り口で多数のお客さんに踏まれる場所でもあるのでここはしっかりさせることを優先としました。

どうですか、自転車屋なんかにはもったい?ほど高級感あふれる仕上がり。私はその仕上がり以上に石を切ったということに満足しています。石なんて墓石屋さんぐらいしか切りませんよね、普通は。そんなの無理と誰もが思うでしょう。特に若い人ほど「そんなのやってどうするの?」とか「ムリムリ、意味ねーし」とハナからやろうとしません。ネットの情報収集でやりもしないで面倒なことを避けてスマートに行動しようとしているようです。こんな世の中ですから、合理的な考えもしかたないかもしれません。でも、それじゃ、充実感やしあわせ感もソコソコしか得られないのでは。

自転車屋のおやじ何やってんだか。アホだな〜。でも、ちょっとおもしろそうだな、と思っていただければうれしいです。


   110530stone2.jpg


posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。