2011年05月26日

石切り

   110226stone1.jpg

以前、入り口の観音開きのドアを収めるのにコンクリートを切断しましたが今度は大理石に挑戦です。石なんてシロートが切ることができるのか?大工さん用品専門店で聞いてみると「そんなの無理です」「工具のモーターが壊れます」とまったく相手にしてくれません。こうした専門店はホームセンターより本格的な工具や金物が揃いますので最近よく利用しているのですが、「シロートお断り」のような雰囲気がアリアリでいただけません。そりゃ、わけのわからない質問にいちいち答えるのはメンドくさいでしょう。工具をまちがった使い方をしたりすると、非常に危険なためセオリー通り使用しなくてはならない、というのもわかります。しかし、これでは一般の人はホームセンターに行きますよ。わかりやすい商品説明がついていたり、店員にたずねても親切に教えてくれます。その中でも東急ハンズのこうしたサービスは特に良く、人材育成や教育が行き届いているな、と感じます。価格がちょっと高めですが初心者を引き付けるのもうなずけます。

プロあるいはマニアを相手にした店の敷居の高さ、ということで、これって自転車店にもいえるのかな?とハタと思いました。スポーツ自転車をちょっとやってみようかな、と思った人はやっぱり量販店や大型スポーツ売り場に行っちゃいますよね。(プロショップがいうのもナンですが)

さて、そんなこんなでグラインダーにダイヤモンドチップソーを取り付けて挑戦です。防塵マスクとゴーグルを装着。水で冷却しながら深さ5ミリほどで数センチずつ慎重に進みます。さらに30秒に一回ぐらいモーターを休ませます。ものすごい粉塵なのでわざわざ雨降りの日を選びビチョビチョになりながら作業しました。
「オレはいったい何をやっているんだろう?」
…やっとの思いで石は切断できました。



   110526stone2.jpg


posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。