2011年05月09日

ライン

   110509line1.jpg

窓の位置は一軒の家でたいてい統一されているものです。そんなの気にしたことない、という方がほとんどでしょうが、街の家並みをよく見てください。ほぼ横一直線に揃っているはずです。これは現在の主流である横張りサイディングのためそうなっている、ということができます。横張りの場合、窓の縦位置が揃っていないと、切り欠き加工が必要だったり、材料の歩留まりが悪かったりと、いいことありません。また雨仕舞いの点からもサイディング使いはできる限りシンプルであるべきなのです。ですから窓、換気口、庇などサイディングの流れを断ち切るものの配置は十分考慮すべきです。施工が簡単なほど雨漏りなどのリスクが少ない、いい住宅といえます。最近のデザイン重視の住宅では窓がランダムに配置されていたりしますが、私的にはいただけません。住宅に虚飾は不要。美しさは当たり前なシンプルさからにじみ出るものだと思います。

ということをわかっていたのに、サッシ窓に内側と外側に段があるのを忘れて施工したために、入り口ドアと上部ラインが揃わなくなってしまいました。なんてこった!と悔やんでみても、もう遅い。しかたないので窓上枠にラインが揃うように日よけ風スペーサーをつけてみました。戸外なのでレッドシダーをオイルフィニッシュして防腐対策してあります。


   110509line2.jpg


posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。