2010年03月14日

開拓?

   100314kusa1.jpg

   100314kusa2.jpg


森林ボランティア活動にたずさわっていると、キャンプ、ストーブなどに使う薪をいただける機会に恵まれますが、それなりに使うのでたくさんストックしておくに越したことはありません。知り合いの農家のおじさんに話をすると「いいよ。持ってけ」とあっさり快諾いただいたのはいいのですが、ものすごいヤブヤブ!ただ木をいただくだけでは申し訳ないので草刈りで誠意を示すことに。例によって大変でしたが、作業後はスカッとした森になり、スポーツのような達成感も得られました。

MTBに乗ることそのものが楽しいのはもちろんのこと、それとともに、こうした地元とのふれあいがまた楽しい!「MTBと地域の融合生活」といった秦野独自のライフスタイル、文化、カルチャー?が生まれつつあるのを感じます。



   100314kusa3.jpg

   100314kusa4.jpg


posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。