2008年09月01日

近況

雨、雨、そして大雨で8月後半は終わってしまいました。まったく前半の猛暑から変わりようが極端すぎ!もうちょっと普通に季節が移り変わって欲しいもんです。

さて、当店の近況です。
最近の傾向として何しろ修理の自転車が多いです。しかも、ほぼ100パーセント他店でお買い上げのもの。当店でお買い上げいただいたものなら基本的に修理は無料ですが、他店となると「しっかり」ご請求させていただいております。やはりケジメというか、区別することが結果的に当店ご購入お客様のためだと考えるからです。修理前には必ずその旨ご説明させていただきますが、「それでもいい」というお客様ばかりです。このあたりの消費者心理は理解できない部分でもあります。買ったばかりの故障に対してなんで購入先に文句つけないのだろう?正統な権利だと思いますが…。購入前は1円でも安くとネットを駆使?している同じ人が購入後のコストに対しては意外にも無頓着なんですから。買う(所有する)ことに目的があって、購入すなわちファイナルデストネーションってことでしょうか。

ちょっとおおげさですが、その商品を購入してから何年使い続ける覚悟?があるのか。購入金額を使用時間(期間)で除した時間あたりの金額で、どこで何を買うか決定の基準にしてみてはいかがでしょう。購入時に少々高くても永く使い続けることができればコストは安いですし、再購入にいちいち悩まなくてもすみます。

ここからはオジサンの説教的になっちゃいそうですが、モノには「タマシイ」があると思うのです。すかさず「古くせー」と突っ込みがありそうですが、まあ聞いて(読んで)くださいな。モノといってもトイレットペーパーに「タマシイ」があるわけないですよね。ケツ拭いて流れて終わりですから。では車はどうですか?長年乗ってきた愛車を買い替えるとき「長いあいだありがとう!元気でな」なんて擬人化したりしませんか。ディーラーのセールスが引き取って行くのをちょっぴり寂しく見送ったり。その車には「タマシイ」が宿っていたといえませんか。でも最近では車は足がわりとなり、そうしたのも消えつつあります。トイレットペーパーに近づいたということです。

商品がチマタにどどーっとあふれる→大量生産によりさらにコストダウンが可能になる。結果、一般的でどうでもいいものになり下がる。すべてのものはトイレットペーパー化へと進んでいます。トイレットペーパー化じゃナンなんでコモディティー化といい替えましょうか。その際たるものがパソコンです。今やパソコンにこだわる人なんかほとんどいません。価格もどんどん下がって、数年後にはタダになるかもしれません。自転車も確実にその路線を歩みつつあるのを憂うのと同時に、「タマシイ」のあるものであり続けて欲しい…。ですね!


posted by 店主 at 21:07| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。