2011年04月13日

物置

   110413door1.jpg 

通常、業者に工事全体を丸投げしてしまうと、工事で出た廃棄物はあっさり処理されてしまいます。(もちろん有料)ところが自分でやると、廃棄物の中にはお宝がいっぱい。捨てるなんて、もったいない。リユースというと、どこかトレンディーな感じしますが、それとはちょっと違いますね。これら建材ももとは家の一部、毎月払っているローンの一部ですから、それをおいそれと捨てる気にならないというセコイ考えです。我ながら情けないぐらいのちっぽけな人間です。テレビに出てくるゴミ屋敷の主人とたいして変わりありません。

さて、店舗正面のガラスサッシを一新しました。サッシは枠の下部がコンクリートに埋め込まれているので、解体すると扉はともかく、枠はグニャグニャに曲がってしまい使い物になりません。そうなると枠のない扉単体もどんなにきれいでもただの廃棄物となってしまいます。以前は900ミリ幅のガラス戸が4枚のサッシが2か所だったので、合計8枚もの戸が余ってしまいました。これを2枚利用して店舗入り口横の奥まった部分を仕切り、物置を作ろうと考えました。

まずは、扉上部の欄間(排気窓)の部分を解体。立枠も解体して上枠だけにしたものを半分の長さにカットします。


   110413door2.jpg

カットできました。ゴーグル着装しないとキリコが目に入り危険です。断面を整え、横枠が取りつくようにタップをたてます。

   110413door3.jpg

ステンレスレールも切りました。その裏にモルタルを詰め浮かないように養生します。もちろんきっちり寸法と水平を出します。青春時代トレーニングで愛用した鉄アレイと風で吹き寄せられた桜の花びらが昔のカップルといった感で、いい感じの距離感を保っていました。

   110413door4.jpg

コンクリートが固まったら振動ドリルでコンクリートに下穴をあけ、しっかりネジ止めします。



posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。