2011年04月13日

物置

   110413door1.jpg 

通常、業者に工事全体を丸投げしてしまうと、工事で出た廃棄物はあっさり処理されてしまいます。(もちろん有料)ところが自分でやると、廃棄物の中にはお宝がいっぱい。捨てるなんて、もったいない。リユースというと、どこかトレンディーな感じしますが、それとはちょっと違いますね。これら建材ももとは家の一部、毎月払っているローンの一部ですから、それをおいそれと捨てる気にならないというセコイ考えです。我ながら情けないぐらいのちっぽけな人間です。テレビに出てくるゴミ屋敷の主人とたいして変わりありません。

さて、店舗正面のガラスサッシを一新しました。サッシは枠の下部がコンクリートに埋め込まれているので、解体すると扉はともかく、枠はグニャグニャに曲がってしまい使い物になりません。そうなると枠のない扉単体もどんなにきれいでもただの廃棄物となってしまいます。以前は900ミリ幅のガラス戸が4枚のサッシが2か所だったので、合計8枚もの戸が余ってしまいました。これを2枚利用して店舗入り口横の奥まった部分を仕切り、物置を作ろうと考えました。

まずは、扉上部の欄間(排気窓)の部分を解体。立枠も解体して上枠だけにしたものを半分の長さにカットします。


   110413door2.jpg

カットできました。ゴーグル着装しないとキリコが目に入り危険です。断面を整え、横枠が取りつくようにタップをたてます。

   110413door3.jpg

ステンレスレールも切りました。その裏にモルタルを詰め浮かないように養生します。もちろんきっちり寸法と水平を出します。青春時代トレーニングで愛用した鉄アレイと風で吹き寄せられた桜の花びらが昔のカップルといった感で、いい感じの距離感を保っていました。

   110413door4.jpg

コンクリートが固まったら振動ドリルでコンクリートに下穴をあけ、しっかりネジ止めします。



posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

床貼り

   110415floor1.jpg

床貼りがほぼ完成しました。といっても店舗全体ではなく今回の改装にあたりはがしたところと新たに貼った台所スペースのみですが。

そもそも、これまでの床も当初コンクリート打ちっぱなしだったのを今は亡き父と苦労して貼ったもので、床板一枚一枚についたシミや傷にいたるまで愛着や思い出が染み込んだものです。ですから改装にあたり土台補強やレイアウト変更で一部はがすことになりましたが、できる限り再利用しようと考えていました。


   110415floor2.jpg

施工はコンクリートの上に防水紙、その上に12ミリの下地合板を敷き詰めます。固定は振動ドリルで3.4ミリほどの下穴をあけ、そこにコンクリートに効く専用ネジをインパクトで打ち込みます。下地合板はできれば床を貼る方向に対し45度角度をつけた方がギシギシといった音鳴りにいいようです。しかし、面倒なのと材のムダが出ますので台所スペースは直交としました。床板は実と呼ばれる凹凸がかみ合うようになっており、材それぞれが勝手にそらないように、また強固に固定できるようになっています。

   110415floor3.jpg

床材は北海道のナラ無垢材本実加工で自転車店には不釣り合いなほど?高級なものです。店舗のように土足、しかもクリートやスパイクの武器?がついたシューズに耐えられる硬さをもった天然木はそう多くありません。クリ、ナラ、ケヤキなどの広葉樹かデッキに使われる南洋ハードウッドぐらいでしょうか。

現在の主流である幅30センチほどの集成材に表面だけ薄い板を貼ったものとは違い、傷やシミも受け入れることのできる本物感があります。はて本物感って?なんだろう。通常のモノは新品が100だとすると、時間とともに劣化して最後には価値ゼロになり廃棄となります。私は価値=愛着だと思います。モノとしての価値は物質そのものの有用性や耐久性より、それを所持する人間の側にあると思います。どれだけ好きでいられるか、それに値する何かを持っているか。高機能であることだけが価値を高める手段ではないと思います。便利とか高機能っていうヤツは麻薬みたいなもんで、すぐそれがあたりまえになって、もっと上の次元が欲しくなってしまいます。それが人間の欲望、経済というもんなんでしょうね。

そんなことを考えながら一心に釘を打ち、右手がしびれたままになりました。
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

床細工

   11418floor1.jpg

床の入り口部分の角にステンレスのモールをつけるためのザグリ加工を施しました。そのままつけてもいいのですが、金属の厚さだけ段ができてしまうのでここは見栄え重視で面倒な加工にチャレンジです。最初はおおまかにルーターを使い、最後は敷居用カンナ?で仕上げます。このカンナはホゾをきれいに仕上げたりするのに重宝しています。

   110418floor2.jpg

やや失敗もありましたが、まあまあのデキで埋め込まれました。取付用ステンレスネジの頭が埋まるようにネジ穴もザグリ加工してあります。ステンレスの金属感と無垢のナラのコントラストが青山骨董通りのおしゃれな高級ブティックといった感を醸し出しています。
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

ホゾ

   110419hozo1.jpg

トイレドア上部。従来のドアより背の高い扉にするので上枠をそれにあわせて交換です。せっかく交換するのだからと、105ミリ角のムダに?太いものを入れてみることに。しかもせっかく太いものを木ネジで結合じゃナンなので、空中でホゾ加工することにしました。まずは電気ノコで一定の深さに溝を掘ります。

   110419hozo2.jpg

ノコギリの溝深さを目安にノミで削り込んでいきます。キチッと平面を出すのがけっこう大変ですが、最近かなりうまくなりました。(自画自賛?)

   110419hozo3.jpg

従来の3倍ほどの太さです。プロの目から見たら無意味かもしれませんが、自分が満足していればそれでオッケー。こうした遊び心を取り入れることができるのは自作ならでは。
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

ペンキ塗り

   110419wall (1).jpg

改装にあたって店舗内の内壁はすべてはがしました。店舗奥の壁はクロスの下地を石膏ボードではなく12ミリの合板を使用してありました。自転車やパーツ展示するための棚や什器をビスで好きな位置に固定できるように、との配慮からです。解体時に出たこの合板、ズンとした重量感があり、かなりしっかりとしているではありませんか。

それに比べ最近の合板は軽いし軟らかいです。樹種は針葉樹と表記してありますが、実際のところコルク?やポプラのような特に成長の早い木材の性格です。インパクトを使用したコースレッドの頭は板厚の半分ほど簡単にめり込んでしまいます。これでは強度や耐久性もそれなりではないでしょうか。

古い壁材はまだまだ使えるし、品質も今以上、ということでできる限り再利用しました。でも、解体時に釘のあとが割れてしまったり、寸法が足りなかったり、と使いずらいんですよね。しかも表面はクロスのノリのあとが残り汚いし。そこで古材使用部は塗装することにしました。いかにもペンキといった表面がスムースで光沢のあるものではなくデコボコした艶消しです。ホントは漆喰にしたかったところですが、これでもマアマア落ち着いた雰囲気は出ていると思います。



   110419wall (2).jpg

   110419wall (3).jpg

   110419wall (4).jpg
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

廃棄物

改装で出た廃棄物を処理業者に引き取りにきてもらいました。いつものパーツなどの金属類やタイヤ、チューブに加え今回は内壁材、看板の樹脂板、アルミサッシなどなど軽トラ一杯分もの分量になりました。処分費のうちなにしろ高価なのが内壁材の石膏ボードと不燃天井材です。これらは建築基準法に定められた耐火基準から一般的に使用されていますが、燃えない(ずらい)ということは処理が大変なわけで、おのずと処分費も高価になります。今回よりずっと量が多かった前回は「ゼロがひとつ多いんじゃないの」というぐらいビックリしました。

ところで廃棄物と資源というのは正反対のように感じますが実はどちらにもなるのです。以前は鉄類は処分費がかかっていましたが、今では売ることができます。アルミならさらに高価で売れます。ステンレスはもっと高いです。段ボールや古紙も昔は売れましたが今は処分費はかからないプラスマイナスゼロ程度です。ポイントはキッチリ分別する、ということ。分別すれば資源になるものも、混じっているとただのゴミになってしまうので注意しなくてはなりません。それが資源で欲しい人がいれば売れる価格になり、欲しくない人ばかりだとお金を払って処分してもらう、ということです。あたりまえですね。

この需要と供給の関係がいわゆる相場ということで常に動いています。ですから廃棄物捨てるにも経済新聞などで金属をはじめとするさまざまな資源が世界中でどんな状態なのか、を勉強しておかなくてはなりません。私は相場師ではありませんから張り付いてチェックしているわけではありませんが、一時より金属類の需要は高まりつつある。と聞いていました。しかし、今回の業者の話では金属の最大の受け入れ先である中国が例の放射能の件で受け入れ拒否しているそうで、国内在庫がだぶつき結果プライスダウンとなっているそうです。

今回の震災は実にさまざまなところに影響を及ぼしているんですね。
posted by 店主 at 00:00| Comment(2) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

ミゾ彫り

   110426mizo1.jpg

最近、作業の進み具合が停滞ぎみです。というのも扉の造作にとりかかっているからです。これが本当に大変でやるんじゃなかった…、と後悔しても、もうとりかかっちゃったのでやるしかありません。丸一日やって「これでけしかできないのかよー」という進み具合には本当にガックリします。今までの作業はどちらかというと肉体労働、ガンガンやるぜ!といった感じでしたが、ここ最近はパソコンに疎い定年間近のサラリーマンがパワーポイントでプレゼン資料を作っている図といった感で、頭の中でこうしたい、と思ったことができないもどかしさ、ふがいなさを痛感させられます。まあ、大工さんでも建具屋の仕事は難しいといってますから、そもそも私のようなシロートが手を出すジャンルではないのでしょう。


   110426mizo2.jpg

ルーターを使うほどではないのでノミでさらっていきます。

   110426mizo3.jpg

最後は敷居用カンナで仕上げます。底面、側面、エッジがきちっとできました。ここ一ヶ月ほどで腕前がかなり上達しました。そりゃ、毎日毎日やってりゃ誰でもうまくなりますね。この技術が自転車に生かせるといいのですが…。おそらく何の役にも立たないでしょう。

そんな役に立たないことはやる必要ない、悪である。それが現代社会です。すべてのモノやコトが効率重視。効率が上がるということはコストが下がるということです。コストが下がるということは競争に勝てるということです。全世界が競争に参加しているのだからオレは参加しない、というのは許されません。さらに今回の災害で全国民は一層努力し続けなくてはならなくなってしまいました。

でも本当にそうすることがいいのだろうか。そうすることが幸せなのだろうか。そんなことをモヤモヤ考えながら戸当たりのミゾを刻みました。
posted by 店主 at 23:21| Comment(3) | 改装 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。