2011年01月06日

店舗前面作業中

   110106frnt (1).jpg

店舗前面部がむきだしになりました。まず柱の腐っている部分を補修、補強していきます。作業は基本的に大工さんひとり。私は解体、廃材処理係です。

   110106frnt (2).jpg


posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

土台コンクリート

   110107rc (1).jpg

今回の工事では腐っている柱の補修と補強に加え、ウインドウなど開口部を減らし壁量を増やして耐震性を高めることを狙っています。また、それと同時に、南西向きのウインド面積を減少させることにより夏の熱射をさえぎる目的もあります。

写真は既存のコンクリートたたきの上に新たな土台をつくる下準備の鉄筋。

   110107rc (2).jpg

鳶職に床のコンクリートをはつっていただきました。ものすごい騒音と粉塵です。

   110107rc (3).jpg

店舗前面中央部の今回の改装のキモとなる部分。

   110107rc (4).jpg

ここは既存のコンクリートをいったんはがしてしまいます。

    110107rc (5).jpg

L型が向かいあったようにコンクリートはつりが完了。
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

サイディングはがし

   110108wall (1).jpg

サイディングはがし専門の職人さんが二名で壁三面を2−3日で解体しました。あっけないぐらいに簡単に家は裸になりました。衣服をはぎとられた家が寒風にさらされているサマはなるべくなら他人に見られたくないようなみじめな姿です。

一般的に家を建てるのは大工さんと思いますが、大工さんが担当するのは柱を組むのと、内装の下地をやるだけにすぎません。あとは板金、サッシ、屋根、サイディング、建具、畳、電気、ガス、水道、ペンキ、外構…といろいろな専門の業者が入るのが普通です。サイディング解体専門の業者があるのにはちょっと驚きでした。ちなみに貼るのは別の業者さん。しかもシーリングはこれまた別の専門業者といった具合でなんでこんなに細分化してるのかいな、と不思議に思いました。効率を追求するとそうなってしまうんでしょうね。だからこそ私は一から百まで、できるかぎり全部この手でやってみたい、と逆に思った次第です。



   110108wall (2).jpg
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

柱補修

   110109hashira (1).jpg

店舗前面中央の柱下部はものの見事に腐ってシロアリにやられていました。原因の第一は雨漏りですが、それ以上に柱を土台の上に乗せずコンクリートに直接乗せるというハチャメチャな仕事をやった元の工務店にあると思います。

幸いにして、シロアリは20センチほどしか進行しておらず、その上部は大丈夫(シャレではない!)でした。腐った部分を切り落とし、上部には防蟻剤を注入、その横に新品の柱をボルトで連結して補強することになりました。このあと土台コンクリートを施工して、その上に薬剤処理したツガ材土台、それらを専用金物で強固に固定します。

   110109hashira (2).jpg

   110109hashira (3).jpg
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

ウインドウ取り付け

   110120wdw (1).jpg

店舗の顔、ウインドウはYKKの店舗用サッシを通販で購入、自分で施工しました。ガラスは断熱を考え二重ガラスです。施工図はYKKのホームページよりDLして、まずは下枠がおさまるようにコンクリートを流し込みます。

   110120wdw (3).jpg

建具取り付けのキモは水平垂直がきっちり出ていること。ということで最新兵器を大工さんにお借りしました。レーザー水準器です!これまでは振り下げや水を入れたホースのような原始的な手間のかかる方法でしたから、もう夢のような機械です。

   110120wdw (2).jpg

   110120wdw (4).jpg

   110120wdw(5).jpg

扉を除いた枠部分がつきました!
posted by 店主 at 00:00| Comment(0) | 改装 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。