2010年05月02日

K島君

   100502road1.jpg

でかいDAKINEのバックを背負ったロードマンが来店しました。どっかで見たことあるな〜、と思っていると。
「こんちわ、覚えてますか?K島です。」
「お〜、K島君か〜、よく来たな〜。」
なんと彼は東京の足立区から自走、しかもヤビツを一本登ってきたそうです。こんなすごいことをさらっという彼、知らない人のために説明しておきましょう。

そもそもはBMXライダー。しかもKODとかに出ちゃう生粋のジャンパーです。「虎の穴」は彼が率いる有名なジャンプ集団でした。その後なぜかシクロクロスに参戦。小坂選手とのスタートダッシュバトルは見ものでした。その後はロードに転向。国体選手になったとかならないとか。今は実業団BR-1の現役選手というマルチプレーヤー。

彼のマシンがまた渋い!
「オレだけですよ、VOODOOなんか乗ってるの」
って、そりゃそうでしょう。しかも、このご時世にWレバー!!
「このWレバー、見てくださいよ。79ですよ!最新型ですよ!」
確かにシマノのWレバーは74/77/78とリリースされていているのは知っていましたが、最新型79を自慢されるとは…。まさにふい打ちのパンチを食らったぐらいの衝撃でした。そうきたか〜。つくづくタダモンじゃないヤツです。

その他にもBMXパークや4130THERMALのステッカーチューンが今でも現役BMXライダーであることを主張していたり、なぜか古いブレーキを愛用していたりと、とにかく男の主張を内在するバイクでした。

それに比べて私のロード(シクロクロス)バイクといったら、火をつけたら溶けちゃうようなプラスチックみたいな車体にシマノフルコンポですからね。穴があったら入りたいような劣等感を感じました。



   100502road2.jpg


posted by 店主 at 20:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

巨木の山

   100504ride.jpg

今年のGWは晴天に恵まれましたね〜。前半は通常通り営業しましたが、あまりの天気の良さにみなさんどこかへ出かけているようで、ほとんど開店休業といった感でした。最後の二日は店を休業させていただき、ライドに出かけました。

コースは所要時間8時間、押し、担ぎを含む50キロのハードなトレイル。それだけに巨木が点在するダイナミックな景色やガッツリの下りなど、日ごろではなかなか味わえないライドとなりました。


   100504ride (2).jpg

   100504ride (3).jpg

   100504ride (4).jpg

   100504ride (5).jpg
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

緑の裏山

   100505green (1).jpg

ここ数日の初夏のような気温で、近所の裏山の緑がますます濃くなりつつあります。4月まで天候不順だっただけに、人間だけでなく木々も「待ってました!」という思いでしょう。

   100505green (2).jpg

   100505green(3).jpg

美しいキジに遭遇!
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

かたずけ

   100506mry.jpg

ホントに今年のGWは最高の天気でしたね。みなさんはどう過ごされましたか?私自身はお伝えしたようにロングライドが一日。それ以外は特に何もない、ありふれた日常でした。

それでも、なぜか急に「よーし、いい天気だし、いっちょ家の中をかたずけるか!」と思い立ち、まずは読みかけの本を読破することに。でも、これがなかなか進まない。なんたって、同時進行している本がありすぎ。中には買ってきて1ページも開くことなく積んだまま、なんてのも。我ながら持続力のない性格を再確認させられました。それでも何冊かは完読することができ、「よーし、今度は引き出しの中だ!」とかたずけの範囲を拡大。

整理されていない昔の写真の束にまじってメダルや賞状がザクザク出てきました。「あーオレも昔は速かったんだよな〜」「歳とったな〜」なんて感慨にひたるばかりでまたもや、かたずけは一向に進みません。結局かえって散らかったような…。

写真は発掘された?賞状とメダルのうち特に印象深いもの。そのうち、こうしたモノを整理しつつ、エッセイ的なものを書いてみたいですね。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

車軸折れ

   100508hub.jpg

現在のリヤハブはハブ本体とフリーが一体構造のフリーハブが一般的です。昔はハブ本体のネジ山に別体のフリー(ボスフリー)がねじ込まれる構造でした。フリーハブのメリットはスプロケット交換が容易であることに目がいきがちですが、左右ベアリング位置が軸センターから離れる構造である点にあります。この構造により車軸にかかるストレスは大幅に軽減され、車軸折れのトラブルはほとんどなくなりました。

フリーハブでない車軸はある程度乗り込むと折れることが非常に多いですね。その場合はクイック軸が車軸になっていたりします。
posted by 店主 at 20:23| PARTS | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

近況

一ヶ月遅れでやっと来た春需。まさに怒涛の一週間でした。例によって、お客さんが重なってしまったタイミングでは満足なご対応できないケースもありました。どうもすみません。

思えば寒の戻りと天候不順にたたられた4月は春需のカケラも訪れぬままランディングし、そのままなしぐずし的にGWに突入。4月度の売り上げとしては、開業以来のワースト記録をたたき出し、ランディングというよりは墜落といった方がいいぐらいのメタメタぶりでした。

うって変わってやっと天気が安定したGWは、「やっと春がきた!遊ばないと!」てな人が多かったようで、今度は気候が良すぎてお客さん来ませんでした。寒くても、暑くても、雨でも快晴でもダメ。改めて自転車屋は季節商売ということを思い知らされました。

そしていつも通りの天候、日常が訪れたとたん、堰を切ったように「いきなり」お客さんの嵐がやってきました。マニアの方の改造、オーバーホールの合間にママチャリのおばさんのパンク修理やタイヤ交換、はたまた電話やメールの問い合わせ。北海道や北陸ならいざしらず、この人たちは冬のあいだは自転車乗らないのか?熊じゃあるまいし冬眠していたのか?と思えるほどの急変ぶりです。

しかしながら、せっかく遅れてきた春需も早くもほぼこれで終了かな、といった出口がすでに見えつつあります。グラフにすると4月の春需は山ではなく、なんと谷!。それを遅めの5月の山で埋め戻すも、まったく力不足、ならしてようやく横一直線といった具合でしょうか。こんな当店いったいどうなっちゃうんでしょう?

でも、明るい話題もあったんですよ。それは後日ということで。
posted by 店主 at 00:20| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

パノラマ

   100519fp1.jpg

シマノバイカーズのコース設営のお手伝いで富士見パノラマを訪れました。コンディションはつい前日までウルトラドライでホコリが立つほどとのことでしたが、なんと到着したとたん雨が降り出しました。うーん、日ごろの行いがイマイチなんですかね。でも、遊びではありませんからレインウエアを着て試走です。ドロドロツルツルのDHなんてレース引退して以来とんとごぶさた、それはそれで新鮮で楽しい〜♪、なんて遊んでいたわけではありません。しっかりとお仕事してきました。

従来のDHコースについては、以前より「シロートじゃないんだから、もっと難易度を上げてくれ!」とのお言葉を頂戴していました。それはわかるんですが、あくまでレースのポジションは門戸の広いMTBイベント。シリアスなレースはJシリーズでどうぞ、ということで比較的イージーなコースにならざるを得ませんでした。このたび、ようやく「全面見直し」のゴーサインが出ましたので、ご要望通り難しくしましたよ!パノラマで開催されるレースである以上、法規制や許可などの関係で常設のコースを使用しなくてはならない制限があり、イベントの時だけというスペシャルなコースは用意できませんでしたが、それでも今までとは全然違いますよ。スタートこそ同じですが、いきなりB、そしてA、最後はAダッシュを経てJシリーズ同様にゴールというCコースをまったく使用しないレイアウトになりました。Aダッシュのあの大岩ジャンプは回避しますが、そのあとの岩場はコースに含まれます!ウエットでも変更ありませんし、すべてのDH種目はここを通ります。ここがキモとなりますので、みなさんたっぷりと練習してくださいね。前方回転して岩に顔面ヒットする可能性ありますのでフルフェイスヘルメットを推奨します。

写真はXCコースです。こちらは大幅にやさしくなりました。


   100519fp2.jpg

4Xコース掘り起こし中でした。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

TOJ

   100520toj1.jpg

パノラマからの帰り道、須走の街の旅館前にド派手な車が集結。そうだツアーオブジャパンだ!ちょうどシマノチームがいましたのでご挨拶。西湘出身のヒーロー鈴木選手がいるじゃありませんか。こんな私でも一応先輩面して…。
「調子どうだ、がんばれよ!」
「ハイ、がんばります!」
あいかわらず、すがすがしいナイスガイぶり。

帰宅してからリザルトをチェックすると、直近の南信州ステージでなんと優勝してるじゃないですか!それなのに調子どうだ、がんばれよ!でもないですね。いやいや失礼いたしました。ますますのご活躍祈っています。
 


  100520toj2.jpg
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

OLD TIMER

富士見高原でおこなわれた2010ルイガノカップ オールドタイマースラロームに出場しました。イベント自体は以前から開催されていますが、今年は「オールドタイマースラローム」なる種目が新設されました。古いライダーまたは古いマシンによるスラローム競技ですが、フタを開けてみれば「ジャパンMTB同窓会」あるいは「レトロMTBコスプレ大会」といった具合で大盛り上がりでした。(なんつって、一番盛り上がってたのは当事者と一部のオタクだけなんですけどね)

レースのご報告は後日ということで、まずは写真でレトロな雰囲気にひたっていただきましょう!


   100523ot1.jpg

ピカピカのGT−RTS2台。リヤショックはもはや時限爆弾といってもいいリッシーとノリーン。ハブはリングル。前サスブレースはACとTWP。サス自体の剛性がないのにブレースを強化して満足していた時代です。

   100523ot2.jpg

某氏のJTのコレクション。大うけでしたが、よりによってオークリーのブースの店先で広げちゃって営業妨害だったかな?

   100523ot3.jpg

カナちゃんのYETI。イエロー&ターコイズが泣けます。

   100523ot4.jpg

ライタの後24インチのクワハラ。本当に乗っていたものとのこと。

   100523ot5.jpg

お〜、出ました。塚ちゃんレプリカ。当時のレース会場はヤナギと塚ちゃんがたくさんいたもんです。

   100523ot6.jpg

これのちょっと前、トップチューブが三角のヤツならもっとよかったのに。でかいMRPがいいですね。

   100523ot7.jpg

わぉ!これぞマニアでしょ。ファットチャンスです。このハチャメチャから高貴なインディペンデントが生まれたなんて信じられませんね。

   100523ot8.jpg

シンクロスのクランク。クランクが主張してますな〜。

   100523ot9.jpg

キャノンデールデルタV。ピボット位置を模索していた時代です。

   100523ot10.jpg

スペシャスタンプジャンパーFSR。前三角はMADE IN JAPAN今は無きシンノムラ製。色が渋い。

   100523ot11.jpg

ここにも爆弾が。ご健在どころかバリバリ現役!

   100523ot12.jpg

TIOGAリボルバークランク。BMXの3ピース構造をMTBに応用。これを2ピースにしたのが現代のホローテック2ですね。

   100523ot13.jpg

ビンテージ大賞はこれでしょう!塚ちゃん所蔵マングースアイボックチタン。テンションディスク、丹下スイッチブレード、同プレステージバー。泣きのパーフェクトコンディション!

   100523ot14.jpg

なんとPD-M737新品未使用!スプリングにはシマノ純正グリスがたっぷり!コンポもM730シリーズ。

   100523ot15.jpg

コーイチの乗っていたYETIローウィル。ROCKSHOXのプルショック、初代BOXXER。

      100523ot16.jpg

これもコーイチが乗っていたARC。クランクはクックブロスレーシング。

   100523ot17.jpg

ヒロコの乗っていたHARO。バックには当店のステッカーが。フレームの精度が出ていなくて組み立て大変だったな〜。


   100523ot18.jpg

レトロなヘルメットたち。ETTOといえばティンカーですよね。アイシェードといえばグレッグレモン?

   100523ot19.jpg

塚ちゃんのマングース。レトロというにはまだ早いかな?エアラインのスペアもしっかり確保しあるそうです。塚ちゃん意外にオタクだったんですね。

   100523ot20.jpg

これも岩岳でたくさんいましたね。GT LTS-DH

   100523ot21.jpg

これもすごい!MANITOUのWサスです。某問屋さん所蔵ですが、ご希望があれば販売するそうです!?

   100523ot22.jpg

切削好きなオタクの方にはたまらんエッジの効いた造型です。一方、現代はカーボンのヌメヌメがトレンドですからね。素材とリンクしてデザインも変遷します。

   100523ot23.jpg

フィッシャーRS-1(だったかな?)プロストップの巨大ローターがカッコイイ。でも、こんなにでかいのに効きはVブレーキ以下!?



以上、無断にて掲載させていただきました。削除希望の方はご一報下さい。すみやかに対処させていただきます。




posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

反響

23日のオールドタイマーの反響はすごかったです。アクセス数は過去最高を記録。いったいどうして増えたか解析してみると、複数のツイッター内でリンクが貼られたことによるようです。それと塚ちゃんのページから飛んできた方も多かったですね。

アクセス数増加でもありがたいですが、わざわざメールも数件いただきました!その中の一通、Sさんは「とにかく感動しました!こんなに盛り上がるのだったら私も行けばよかった。でも、その日は緑山J2レースだったので涙を飲んでそちらに参加してしまいした…。」と無念さをにじませた文面。さらにはこれで出たかった、という写真まで添付していただきました。Sさんの悔しさと熱い情熱、しかと受け取りましたよ!このブログはオールドタイマー公式サイトでもありませんし、私は旧車評論家でもありませんが、ここにSさんのマシンを特別枠紹介することで、その想いに答えたいと思います。


   100526ot1.jpg

画像がちょっとイマイチですがマングースですね。コンポはサンツアーXCプロ。前がティンバック2に後がONZAポキュパインタイヤ。何も考えていないただの丸いイボのようなノブが「世界選を制した最高のグリップ!」ですからね。誰もが浮かれていたいい時代でした。

   100526ot2.jpg

サスペンションはパワーロスするからダメ。これなら走りをスポイルすることなく体へのショックのみを緩和できる、というソフトライドステム。今は似たようなのが中国製のルック車についていたりします。トップチューブのMBA誌のステッカーがまた泣けます。

どうですかSさん。来年はぜひルイガノカップ参加してくださいね。(来年OT種目あるかどうかわかりませんが)

さらに他の方から「何でクラインATTITUDE白緑ピンク+ミッションコントロール載せないんだ!」なんてお叱りもいただきました。だから私、評論家ではありませんって。というか会場にいなかったか見かけなかっただけです。他意はありません。

他には「塚ちゃんのマングースチタンの年代はM730以降の732あるいは735じゃないのか、PD-M737のペダルも不自然。」とかの突っ込みもいただいております。まったくオタクつーのはめんどくさいですね。じゃあ、期を改めて「全日本旧車選手権」なる大会でもやりますか!そのときは審査委員で呼んでくださいね。

posted by 店主 at 22:17| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

合宿

   100530ride1.jpg
  
土日休業して合宿ライドを行いました。両日とも低温、霧、小雨と、あいにくの天気となりましたが、山の木々おかげでズブ濡れになるほどではありませんでした。スカッと晴れた山もいいですが、霧に包まれた幻想的な山もいいもんですね。


   100530ride2.jpg

   100530ride3.jpg

   100530ride4.jpg

   100530ride5.jpg

   100530ride6.jpg

posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

バリアフリー

   100531ashi.jpg

週末の合宿ライドの走行中、なんのことない木の根に前輪をすくわれ、思い切り立ち木にぶつかってしまいました。その日は痛いものの何とか走行を終えることができたので、たいしたことないやと何も処置せずに就寝。ところが翌日になってビックリ!足が動かない!まず、ふとんから起き上がるのに一苦労。続いてはトイレがまたたいへん。どうも、ももの筋肉が損傷して炎症発生、あるいは内出血しているようです。

そこで、私の教訓から家づくりのアドバイス。トイレ、浴室は広めに設計しましょう。ドアは引き戸がいいです。手すりも必要です。敷居の段差もなくしましょう。欲をいえば車が横につけられる平屋がいいですね。現在特に高齢者がいらっしゃらなくても、こうした配慮しておくにこしたことはありません。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。