2010年01月01日

新年

   newyear.jpg

   2010


 今年もよろしくお願いいたします


MTB SHOP OTAKE


posted by 店主 at 00:00| おしらせ | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

新年会

   100103ride1.jpg

毎年恒例の山の上の新年会。お酒と枡はもちろん地元ブランド?


   100103ride2.jpg

山頂は雪がちらつくくもり空。寒かった!
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

富士

   100105fuji.jpg

どうしても写真といえば富士になってしまいますね。寒さが厳しいほど美しい姿を見せてくれます。


   100105fuji3.jpg

夕暮れもすばらしい!

   100105fuji2.jpg

posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

走ってます

   100106ride1.jpg

年末から集中的に乗ってます。今のところほぼ一日おきのペース。自転車に乗らない日は一時間の裏山ウオーキングも取り入れて、去年のダメダメな体からかなり復活してきましたよ!このままの調子だとあと2ヶ月後ぐらいには割れた腹筋?を披露できるかも。(なんてね)問題はいつまで続くか。一週間、一ヶ月?


   100106ride2.jpg
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

みかん

   100107org1.jpg

自転車屋の合間に家庭菜園をやりはじめて数年。そのおかげでプロの農家の方の知り合いも増えました。最近はみかん農家さんの収穫のお手伝いです。今年のみかんは豊作、しかも味もよし!暖かな日差しがふりそそぐ海が見える丘で、無我の境地でただひたすらみかん取り。意外に楽しいです。


   100107org2.jpg
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

落ち葉かき

   100108hwc.jpg

来週の土曜16日は毎年恒例となっている里山整備事業落ち葉かきです!

午前8時半下記駐車場集合

集合場所の地図

<準備> 作業靴(ブーツまたは足袋推奨)、軍手、タオル、飲料、弁当

昼食は里山ふれあいセンターにてとります。豚汁が用意されるようです。(汁だけなのでマイ弁当忘れずに)
昼食後は残りの作業を継続していただきます。

雨天の場合は30日に延期になります。はっきりしない天気の場合は7時半ごろ当店に電話確認してください。(0463-83-9144)

参加者氏名を市役所に届けますので、ご参加の方は13日までに当店にメールお願いいたします。

過去の模様

2007年1月20日

2008年1月19日

2009年1月17日
posted by 店主 at 16:31| HWC | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

WILD CAT

   100110wc1.jpg

齢を重ねそろそろ身辺整理?というわけでもありませんが、昔のものがいろいろ出てくるきょうこの頃。これはまだマウンテンバイクという言葉すら一般的でなかったころ、世田谷にあった日本で初のマウンテンバイクショップ「ワイルドキャット」のニュース誌です。若くして他界されたオーナーの平木さんにはずいぶんお世話になりました。あまりに急で、マウンテンバイク専門店という同じ道を歩むことのご報告とお礼できなかったことが残念でなりません。改めてご冥福お祈りいたします。


   100110wc2.jpg

後の方のページには私が載っています。いや〜若いな〜。お恥ずかしい。

posted by 店主 at 20:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

カンパレンチ

   100111camp1.jpg

またもや古いもの。CAMPAGNOLOの15ミリスパナです。クランクフィキシングボルトにも使用しますが、主にピスト車輪の脱着にはなくてはならない工具です。通称「カンパレンチ」と呼ばれていました。

私がまだピスト競技を始めたばかり、競技場はいつもピリピリした緊張感に包まれていました。特に某有名大学?の上下関係は大変厳しく、団体追い抜きで万が一ちぎれようものならもう大変です。バイクを降りたら、すぐ先輩に呼びつけられ正座。「オマエなんであそこでちぎれるんだよ!」「バシッ!バシッ!」ベロドロームに響き渡るパンチ音。本当に恐ろしい地獄絵でした。

そしてまた新入生が呼びつけられていました。
「コラー、一年。カンパレンチ持ってこーい!」
一年生必死に工具箱の中を探してしますが、カンパレンチが見当たらないようです。
「いつまで探してるんだよ!」
「すみません。見つかりません。」
怒った先輩が自分で工具箱の中を探します。
「ここにちゃんとカンパレンチあるじゃねーかー!どこ探してるんだよ!」
「あの〜、それカンパじゃないですけど…」



   100111camp2.jpg

「バカヤロウ、下らない口答えしやがって!」

15ミリのスパナ全般を「カンパレンチ」と呼ぶなんて、新入生が知るはずもありませんし、そんなの私も知りません。けれど理不尽なパンチは再び炸裂…。助けたくても見て見ぬふりをするしかありませんでした。
posted by 店主 at 20:11| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

体育会系

きのうの続きです。

体育会系競技部において下級生は上級生のマシンのタイヤに空気入れたり、ギヤ板を交換したり、スタートやゴールのサポートまで奴隷のようにコキ使われます。コキ使われる合間に自分の試合ですから本当に大変です。

その日の某有名大学?はハロンタイム計測をやっていました。ハロンとはバンクの高い位置からフル加速して200メートルのタイムを計測するもので、短距離系選手のパーフォーマンスを客観的に示す重要な指標です。仮にそのタイムが11秒フラットだとすると実に時速約65キロという自転車とは思えないぐらいのトップスピードということになります。

先輩はその日はこれで3本目のトライ。しかし、いまひとつタイムが自己ベストに届かないようでいらついていました。マシンのセッティングのせいだろうか、とマシンを食い入るようにチェックしています。

「オイ、俺のマシンに空気入れた一年誰だー!」
「ハイ、自分です。」
「テメー、こんな重いものつけやがって!どうりでタイム出ないはずだ!」
「バシッ!」
パンチ音がまたもや響き渡りました。

「こんな重いもの」とは

   100112cap.jpg

バルブキャップでした。これがついていたために先輩は「重たくて」ハロンタイムが出なかったというのです。ほとんどチンピラのインネンですが、先輩のいうことはすべて正しい。これが体育会系です。
posted by 店主 at 20:06| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

   100114ride1.jpg

やっと本格的に寒くなり、ここ丹沢にも積雪がありました。天気はよかったのですが山の上は風が強く、指すような痛さでした。


   100114ride2.jpg

   100114ride3.jpg

   100114ride4.jpg

   100114ride5.jpg

posted by 店主 at 17:09| RIDE | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

おつきあい

不況でモノが売れません。これまで自転車業界は比較的堅調といわれてきましたが、さすがに影響を受けないはずはありません。自転車マニアが別格の金持ちというわけではなく、みなさんごく普通の社会人ですからね。

このように売上が期待できない状況では一般企業の場合、まず経費の見直しとなります。自転車店の場合、そもそもそんなのはタカがしれていますから手のつけようがない、というのもあって原価削減の方に手をつけるしかありません。製造業の場合は製造原価ですが物販業の場合、原価とはすなわち仕入です。しかし、問屋さんも商売ですから売れないからといって、おいそれと仕入価格を引き下げてくれません。となると残る手段は仕入そのものを絞るしかありません。

貝のようにじっと耐えているだけなので小売店の立場は弱いと思いきや、実は問屋さんに比べるとずっと強いのです。それは特に新規に仕入れなくても在庫でなんとかなるからです。そもそも小売店は「売れるもの」を仕入れて売るだけなので、売れるものが変化すれば仕入をそれに合わせ変えるだけの話です。MTB、BMX、小径車、ロード、ピストと流行りにあわせてフェイスを変えればいいのです。以前も述べたように「これを在庫していれば飛ぶように売れる」圧倒的商品不在の成熟化したマーケットで、業界全体が次を模索している踊り場といった状況ですから、ここは消極策にならざるを得ません。

このように小売店は仕入れるものをいつでも変化させたり、その量をコントロールするといったフレキシブルさを持っているものです。まちがっても、この問屋さんを儲けさせてあげよう、なんてこれっぽっちも思っていません。実は自店に有利かどうかだけの薄っぺらなつながりなのです。

最近、当店のような弱小店にもセールスマンが入れかわり立ちかわり訪れますが、今までファーストオーダーとか特約店とかいろいろいってくれたよな〜って感じです。そういったところには「今、全然売れないんで買えません」と丁重にお引取りいただています。たくさん売ることはできないけど楽なときも苦しいときも一緒に歩むマンtoマンなおつきあいが希望です。
posted by 店主 at 19:36| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

落ち葉かき

   100116hwc1.jpg

例年行っている里山保全活動「落ち葉かき」を菩提生産森林組合のみなさんと合同で行いました。


   100116hwc2.jpg

昨年は気温が高め、しかもこれといった台風も来なかったので、落ち葉の量が例年より多いようです。ちょっと集めるとひざから腰ぐらいの山となります。落ち葉はネットに入れ、別の場所に運搬し数年をかけて堆肥にします。


   100116hwc3.jpg

このように表土が露出し乾燥することでヒルが生息しにくい環境となるわけです。何より森が明るくスッキリしていて気持ちいいですね。

今回は初参加のみなさんも含め多数ご参加いただきました。
お疲れさまでした!!
posted by 店主 at 19:28| HWC | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

OLD SKL

   100118bmx.jpg

なんか最近懐古趣味満開といった感じですね。またもや発掘です。小学生用学習帳の表紙がすごいオールドスクールなBMXです!でかいギヤ板、ループバックステイにでかいエンド、パッド入りのジャージのようなパンツ。う〜ん、乾いたウエストコーストの風って感じですね。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

カモシカ?

   100119shika.jpg

いつものようにトコトコと無心に坂を登っていると、なんか熱い?視線を感じたので目を上げると…。ひょっとしてニホンカモシカ!?(あせっていたので画像がイマイチ)通常の鹿はよく見かけるのですが、こちらは初めて出会いました。しばらくお見合い状態が続いたのち、ゆっくりと谷に下りて行きました。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

がっくり

某展示会のため、わざわざ東京まででかけたのに特にこれといった内容もなくガックリ。事前にこういった内容ですよ、と伝えてくれればいいんですけどね。神奈川のはずれからですから往復だけでほぼ丸一日がつぶれました。他のショップさんによると、同じ日に某問屋さんで注目の新上陸サスペンションの展示があったそう。そちらに行けばよかったなかな?でも行っても当店取引ないからあっけなく門前払いでまたモンモンとするのもナンだしな〜。

時間が戻るなら朝から一日中、山を走っていたかった…。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

モンスター

あまりお客さんがこない自転車店でも、街の床屋さんのようにいろいろな方とお話する機会があるものです。特にパンク修理時はお客さんがその場でお待ちいただいているので、終始無言というわけにもいかず、「きょうは寒いですねー」とかの当たりさわりのない会話でもって場を繕わなくてはなりません。とはいうものの、そんな世間話もいろいろ勉強になったりしておもしろいんですけどね。

先日とある商売をやっている人はこんな話をしてくれました。
なんでも不良中学生による万引きがあったそうで、その場で捕まえたのだが…
「名前は?」
「忘れた」
「住所は?」
「あっち」
…とまたったく悪びれるそぶりもないしょーもないクソガキだったそう。カバンの中の万引きされた商品と一緒に生徒手帳があったので、それから名前や住所が判明、保護者に引き取りにきてもらうために家に電話すると…
「オタクの店内が乱雑だからちょうどウチの子のカバンに落ちたんでしょ。ウチの子がそんなことするわけないじゃないですか!」
…と反対に怒られてしまったそうです。

普通地震でもないのに棚から商品が自然に落下することってないですよね。しかも、ポロっと落ちた商品がストレートに、あるいはバウンドしてホールインワンのようにかばんの奥までスポッと入ったというのですから、まったく恐れ入る屁理屈を正々堂々と主張するもんです。まさにモンスター。ある意味子供も被害者かもしれません。
posted by 店主 at 19:45| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

スチールコア

  100124tl.jpg

自転車店ですからタイヤレバーはほぼ毎日使います。ママチャリなどのワイヤービートタイヤをのものを強引はずしたりと過酷に使いますので、通常のプラスチックのものでは数ヶ月で折れてしまいます。かといって、大型、強力な業務用は使いずらいんですよね。そもそも金属製はリムを傷つけるので論外として、700Cの脱着には先端がそれなりに薄くないとビートの下にレバーをもぐりこませずらかったりしまので。

今まではリッチーの携帯工具セットにこうした金属インサートタイプがあってそれを使っていました。それでもマアマアでしたが、やや短いのとスポークに引っ掛けて保持できないのが不満でした。また、工具部分がジャマなのでその部分をグラインダーで削り取る作業もめんどうでしたし。このSOMAは実にシンプルながら、使い勝手、強度ともにプロレベルで納得できます。(今のところ数ヶ月使用でまだ折れてません)ただし、プラと比較すると少々重いのでこちらは業務用というか日常用。山へ持って行く装備は少しでも軽量にしたいので携帯するものはプラと使いわけています。
posted by 店主 at 17:50| PARTS | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

ひとこと

毎日届く100通を超える膨大な数のメール。そのほとんどが迷惑メールなのですが、その中にポツポツと散在するお客様のお問い合わせメールには必ずご返事さしあげるようにしています。数日たっても音沙汰ない場合は迷惑メールの方に振り分けられてしまい削除されてしまった可能性がありますので、念のためお電話で届いたか確認してみてください。

確かにメールは電話より便利で気軽です。でも、それは送信する方であって、受信する側はそれなりに大変なことを知っていただきたいと思います。まず、一般的な何々の部品在庫ありますか?なければ納期は?価格は?といった内容のケース。WEB発注が多くなったとはいえ、ほとんどが問屋さんに直接電話かけることになります。よりによって締め後の月曜の夕方、問屋さんも忙しいよな〜、悪いな〜、オマケに当店あまり取引金額多くないセコイショップだしな〜、というような引け目満載でもしかたありません。で、それが部品の部品とかだと問屋さんがメーカーさんに問い合わせることになったりします。複数の人が時間と手間と電話代をかけてそれに当たってくれているのです。確かに、そんなの営業活動の一部、消費者の当然の権利というのもわかりますけど…。

きっと他のショップさんも常々思っていることでしょう。いいたくてもいえないケースだと思います。ということで、ここは当店が代表して公表しておきましょう。それは、たくさんの人の手をかけているんだから、問い合わせたら必ず買ってくれ!というのでは決してありません。提示金額が高いとしたら、「予算オーバーで買えません。他で買います。」気が変わったなら「やっぱり、違うもの買うことにした」でいいのです。何か「ひとこと」いただきたいものです。せっかくご返事差し上げたのに何もリアクションなし。唐突に音信不通ではやりきれません。
posted by 店主 at 18:41| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

中国?

予想はしていましたが迷惑メールの数がさらに増えました。エロサイト、出会い系、バイアグラ、株、投資…とわんさかです。どこかの誰かがそうしたサイトに登録しているのでしょう。まるで、中国VSグーグルですね。そういえば時々危ない発言ありましたから、快く思っていない人もいるでしょう。

便利、人と人がつながる。しかし、人を傷つけるようなことや犯罪もある。そういったのも含めて渾然一体となったのがネットということです。結局のところ、実世界がちょっとだけ便利になった程度なものにすぎないのに、過大に評価しすぎなのでは。
posted by 店主 at 19:24| 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

スノーライド

   100130ride1.jpg

寒いから乗らないなんてもったいない!寒いからこそこんなおもしろい遊びができるのです。ちょっとハードルは高いですが、ぜひ体験していただきたいです。土とは違う走行感にハマリます!

   100130ride2.jpg

   100130ride3.jpg

   100130ride4.jpg
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。