2009年04月02日

冬のち春

   090402ride1.jpg

   090402ride2.jpg

   090402ride3.jpg

   090402ride4.jpg

標高の高いところはまたもや積雪、高度を下げると陽春。一日で二つの季節を楽しめるぜいたく。写真ではわかりませんが大島まで見ることができました。やっぱりMTBはいいですね〜


posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

見ないこと

   090403wh1.jpg

   090403wh2.jpg

完成車の納車前にホイールの再調整をしていたところ、ニップルが変形しているのを発見。かなり強めのテンションでしたので、工具がズルッとなってしまったのでしょう。工具がきっちりしていなかった。ニップルの品質が悪い。いろいろ原因はありますが、失敗したならやり直せばいいのに、この工員?は見て見ぬふりを決め込んでラインにそのまま流したのでしょう。その適当な仕事ぶりが製品に現われています。イヤな予感がしたのでリムテープを剥がして裏側もチェックすると、こちらもズルズル。私が工場長だったらこの作業員をつきとめて即クビですね。

もちろん、すべてのニップルをチェック、要交換のものはその作業を行いお客さんにお渡ししました。小売店は商品がお客さんに渡る最後の関門ですから、とても見て見ぬふりはできません。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

   090406sakura2.jpg

   090406sakura1.jpg


近所の公園の桜が満開になりました。日中の気温も高くTシャツで過ごせるほど。いよいよ春本番ですね!

春といえば自転車屋が猛烈に忙しい時期。なのに今年はそうでもありません。当店も十数年自転車屋やってますが、こんな春は経験ありませんね。どうしたのでしょう。ちょっと心配です。でも心配してもしょーがないので自転車でも乗ることにします。

posted by 店主 at 20:44| 日記 | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

雪解け

   090408ride1.jpg

   090408ride2.jpg

   090408ride3.jpg

春を通り越して初夏かというような陽気に誘われ、ひさびさに高い山に行ってみました。走り始めの登りではどんどん上着を脱いで、もう脱ぐものがない!下も半パンになりたいぐらい。この時期としては異常な暖かさでした。(というか暑さ?)それでも山頂付近はガチガチの氷となった残雪がやっと緩んで、ようやく春到来といったところ。閉じ込められた落ち葉が長く止まった時間を物語っているかのようでした。
posted by 店主 at 00:00| RIDE | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

単位

   090410bea.jpg

このところオーバーホール作業でベアリングを扱うことが多くなりました。ベアリングのサイズは多様ですが自転車に使われるのは、だいたい決まった数サイズが多いものです。今回も外径28ミリだから「あー、いつものヤツね」ぐらいに考えていました。ところが、それだとスポスポじゃないですか!内径もほんの少しだけ小さいし。28の上だと32だけどそんなに大きいと今度は入らない。そんな妙なサイズあるんか?探しに探してやっと見つけました!
12.7*28.575*7.938mm
なんじゃこの中途半端な数字は、と思ったら…
1/2*1-1/8*5/16"
なんとインチサイズじゃないですか。MTBやっているおかげ?で1-1/8"はまあわかりますが(それでも28.6mmと理解してますよね)、5/16"が何ミリなのかなんてまったく実感がわきません。そもそも1インチを半分、その半分、その半分…といった分数というところがいかにも適当な単位ですね。その適当な単位を世界で一番影響力のある大国がいまだに使っているのだからまた困ります。ちなみに1/16"=1.588 1/32"=0.794 1/64"=0.397となるそうです。これより小さいものは「すっごく小さいもの」とひとくくりになるのかな?

posted by 店主 at 18:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

防犯

   090411hamono.jpg

世の中が不景気になると犯罪が増加します。ついに市内で金目当ての殺人事件が発生しました。恐ろしい、ということでで凶器を机の下に準備して応戦することにしました。林業のプロが使う造林カマです。分厚い鋼に曲がった刃、人間の手首ぐらいは一発で落とせる能力です。出番がないことを願っていますが。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

典型的

   090412rd1.jpg

   090412rd2.jpg

   090412rd3.jpg

この陽気でみなさん走りまくっているようで、この週末は日中はシーンと開店休業状態、夕方から夜にお客さん集中する典型的なゴールデンウイーク中の自転車店といった感でした。

そして本日は典型的MTBトラブルの修理依頼がちょうど同時に持ち込まれました。お客さんもお互いに「オタクもですか!」と苦笑。青い方はリプレイスディレーラーハンガーに交換で復活。一方赤い方はリヤメカちぎれてどこかにいってしまったそうで、その他スプロケ、車輪にもダメージが。特にリヤメカ取り付けネジ部は変形しているのに加え、ネジが完全につぶれてなくなってしまっています。さて、どうやって直そうかな〜?
posted by 店主 at 20:05| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

おまかせ

春はオーバーホール依頼が多くなります。よくあるケースが、乗り放し、ノーメンテの期間が長すぎてひどい状態のもの。どこを交換するか、あまりにボロすぎて不具合店がわからないほど。こういったケースにおいてお客さんの立場でアドバイスさせていただくなら、専門店で予算を決めて「おまかせ」にするのが結局お得だと断言できます。

一般的には予算を提示することに抵抗あるかもしれませんが、専門店なら「ヒヒヒーッ、こいつからたっぷりいただいてやろう」なんて悪徳業者はないといえます。なぜなら、専門店であればあるほど信頼や評判を大切にするからです。さらに初めて来店していただいたお客さんにはその一回だけでなくリピーターになってもらいたいのです。ですから、だますどころか「まかせてくれたからには、期待以上の仕事で答えなくっちゃ!」となるのが普通。予算の中で優先順位を組み立て、どうしたら一番効果的にリフレッシュできるか頭をフル回転させて考えます。

ものやサービスに対しお金を払うということは、その価値を認めて、その対価として同等のお金を交換するということ。(昔は貨幣ではなく鉱物や農作物だったわけですね)すなわち価値の交換が取引。お客さんが支払った価値(貨幣)より得られた価値が同じ取引は買い回り品が多いものです。一方趣味、娯楽、芸術に関するものは価値の基準が人によりあいまいなので、売る方はいただく価値以上を提供しようとします。そのギャップが「満足感」ということになります。満足しない取引はそもそも成立しませんから、こうした成熟情緒的ジャンルでは必ずこのギャップがある消費者優位なのです。専門店であればあるほどこのギャップを大きくしようと常に努力するものですから、「おまかせ」はお得なのです。


posted by 店主 at 18:19| 日記 | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

毎週

   090419rd.jpg

   090419fh.jpg

今週もリヤメカの破損です。この手のトラブルもうパンクより多いぐらいですね。リヤメカやディレーラーハンガーの交換で修理きればまだマシな方。車輪やフレームがダメになってしまう重症も少なくありません。

それがいやで私はもはや廃盤になってしまった車軸にリヤメカを装着する方式をとっていますが、これにしてからはもう枝だろが岩だろうがなんでも来い!というぐらいの頼もしさ。確かに車輪の脱着はめんどう、重量面でも不利ですが、それを差し引いてもこの信頼性にはかえられません。

それからスプロケは絶対CS-M770の11-34Tにすべきです。ローギヤ裏側のピンがあるためチェーンが奥まで挟まるのを防ぐことができます。写真は旧型のスプロケだったのでスポークの首付近に深い傷がついてしまいました。こうなるとこの傷から折れるのは時間の問題。交換しかありません。

posted by 店主 at 20:23| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

WC

   090420sus1.jpg

   090420sus2.jpg

2003 ROCK SHOX SID WORLD CUP コラム、クラウンがカーボンの最高級XCサス(当時137000円)も月日が流れ、こんなになっちゃいました。もちろん?オイルもダダもれ。でもオーバーホールすればまだまだ使えます。この年代のSIDをオーバーホールする際のポイントとしては、オイル交換だけにとどめずシールとオーリング類を全部新品にすること。今のところオイルや空気もれていないからいいや、となりがちですが、タマタマもれていないだけです。これだけ古いシール類は劣化していてあたりまえと考えましょう。

それにしても、このインナーチューブの表面処理はダメですね〜。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

がんこモノ

   090421bolt1.jpg

「HADLEYハブシャフトなんですけど〜何とかなりませんか?」というご依頼。あ〜あ、よくここまでガビガビにしたな〜。6角穴がみごとにつぶれています。たいていのこうしたケースはなんとか回すことができますが、ここまでひどいとちょっと難儀しました。まずは工具がかかるように二面を削りバイスグリップで回すも、どうもナメた上にアルミがカジリついているようでビクともしません。私が悪戦苦闘しているのを見かねたオーナーさん、「あ〜、もう覚悟できてるんで逝っちゃってください!」

   090421bolt2.jpg
HADLEYのアルミは硬くいい材料でした。

posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

一回転

   090422cn.jpg

知恵の輪のようにぐちゃぐちゃに駆動系にからまったチェーン。あと少しで一回転成功!
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

15QR

   090423hb.jpg

15QRの前車輪組立同時進行完了。KING/HADLEY/XTRどれがお好みですか?
posted by 店主 at 20:56| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

復活

090424end.jpg

先日のひん曲がったディレーラーハンガーです。ひん曲がっただけでなく、ディレーラーがもぎとれてしまったためネジ山が全滅。ヘリサート加工で直そうと思いましたが、いい小物がありました!まず、その前にエンドの曲がりを修正しなくてはなりません。これはアルミ素材が非常に強いものだったので何とかうまくいきました。そして、つぶれたネジ穴を拡大。裏からナットを埋め込むのですが、エンドの厚みがたっぷりあったので、とも回りしないようにナットの頭の高さにあわせて段差をつけました。これでバッチリ復活です。オーナーさん、またガンガン乗ってやってください!
posted by 店主 at 20:33| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

RS

   090425sid1.jpg

連休目前(というか突入)でいろいろ忙しく、やっと先日のSID WCに着手できました。当店MTBショップですからサスはこれまでたくさん販売してきましたが、やはり数が多いのがROCK SHOXです。その中でも、当店がどちらかというとXC系/山系のお客さんが多いこともあり、SIDとPSYLOはたくさん扱ってきましたし、シンプルの極みといったメンテしやすい構造でひときわ想いいれがありますね。

さて、オーバーホール作業、勝手知ったる製品の場合、実は分解組立にはそんなに時間かかりません。時間かかるのは各部パーツの清掃洗浄の方です。アジャスターノブなどにはホコリというか泥がビッシリ詰まっている場合が多いですし、作業後はどうしても全体がオイルでベトベトですから、そのままというわけにはいきません。使い込んだものでも外も中もきれいにしてお返し!が目標です。


090425sid2.jpg

ROCK SHOXの利点としてはスペアパーツの充実があげられます。マニュアルもしっかりしていますし、ほとんどのスモールパーツが発注すればすぐ来ます。おまけにセールスマンの対応も文句なし!各社製品の性能が横並びに向上した現在、アフター重視の販売店にとっても安心してお客さんにもすすめることができます。

写真のオーリング類の中で一番重要なのが中段の一番右の太いヤツ。リバウンドピストンロッドとこすれる役目ですので、これが磨耗劣化するとカートリッジ内にあるべきオイルがアウターケース内に出てしまいます。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。