2009年01月01日

ごあいさつ

 090101ushi.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


posted by 店主 at 22:25| おしらせ | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

変更

 090103yama.jpg

今年からブログの写真をサムネイルで表示しないで大きな画像そのものを貼り付けるようにしました。今まではいちいちクリックして大きな画像を別ウインドに表示でしたからね。確かにちょっとめんどうでした。その反面、大きな画像がたくさんになるので月単位のアーカイブでは取り込みが重くなるかもしれませんね。当分様子見てみますか。

写真は秦野市街地と丹沢の山々。
posted by 店主 at 18:07| おしらせ | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

もち

   080105mochi.jpg

きのうは近場の山で新年会。個人的には「走り始め」でもありました。恒例の頂上での宴会は正月らしくもちをコンパクトストーブで焼いてみました。ラーメン、鍋、雑炊といったメニューが山での定番ってとこですが、これは季節感バッチリ!味もバッチリ!つい食いすぎて、その後の走りはメタメタでした。
posted by 店主 at 19:26| RIDE | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

落ち葉かき

090107hwc1.jpg

今年最初のボランティア活動が1月17日にあります。作業は例年行っている活動林での落ち葉かきです。

1月17日(土曜) 午前9時より午後2時ごろまで
集合場所 前回の下草刈りのところと同じ

作業しやすい服装、手袋、ブーツなどが必要です。お昼をはさみますので昼食、飲み物も用意してください。必要な機材は市が準備します。

雨天の場合は午前7時以降に市役所当直(82-5111)にお問い合わせください。

ホイールクラブ会員以外の方の参加も大歓迎です。希望の方はご連絡ください。
posted by 店主 at 17:49| HWC | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

職人

   090109oh.jpg

年明け早々オーバーホール依頼をドッといただきました。寒さが本格的になり、乗るのをあきらめて?オーバーホールにでも出そうか、という人。あるいは春からのシーズンに今から備えておこう、という準備周到な人。いろいろな理由があるにせよ、今の時期にオーバーホール作業する人はある程度業界がわかったマニア層あるいはキッチリとした性格の方ですね。みなさんそうだと自転車店もありがたいのですが、ほとんどの方は春乗り出す前なんですよね。。。

本日送られてきたこの方の使い込まれ具合はすごい。かつぎすぎて体にこすれる部分の塗装がはげている!「かつぎ職人」の道具って感じですね。地金が出るまでかついでください!
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

昆虫

   090110oh1.jpg

   090110oh2.jpg

オーバーホール依頼。こちらは乗り込み系ではなく放置系。シフトレバーとブレーキレバーの空間が昆虫の越冬場所となっていました。
posted by 店主 at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

FLUX

   090111flux.jpg

たったひとつの部品がないばっかりに、店内で放置?状態だったTURNER FLUXがめでたく納車となりました。もう09モデルがデリバリー開始しているようですが、あえて?08モデルです。店前でちょっと試乗させてもらったところ、前と後のサスがちょうど同じようなセッティングでかなり乗りやすい!重量は11キロ後半。車輪関係をしっかりとさせてありますのでリニアな剛性感も出ています。乗っていて楽しいバイクですね。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

マニア

   090113spk.jpg

世の中、いろいろなマニアの方がいます。この方はママチャリオタク。ごく普通のママチャリのハブとリム持ち込みで車輪組みのご依頼いただきました。もちろん「できることはできますけど、前後スポーク代と組立工賃になりますから、けっこうかかっちゃいますけど…」とご説明しましたが、「とにかくいい車輪お願いします!」ということで引き受けさせていただきました。22インチ28ホール、引っ掛け式ハブ、DT2.0ミリスポークに同12ミリ真鍮ニップル。首が伸びすぎないように絶妙のテンションでしっかりと組んだこの車輪。いや〜すばらしいデキです!(自画自賛?)もちろんお客さんも大満足。やりがいのある楽しい仕事でした。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

規格

   090114rs1.jpg
   090114rs2.jpg

SRAMの技術講習会に参加しました。SRAMはダブルタップシフターの分解、ROCK SHOXは基本的なメンテナンス、HAYES/AVIDはブリーディング作業についてわかりやすくレクチャーしていただきました。

個人的にいいなと思ったのはROCK SHOXのREBAとREVELATIONに採用されたMAXLELITEとネーミングされた20ミリシャフト。他社が足並みそろえて15ミリを展開してきたのに、安易に新たな規格に乗らずコンベンショナルな20ミリでいいじゃないか!という石のような姿勢にかえって好感を抱きました。(かくいう私は15なんですけどね、以下客観論です)どうも最近MTBロード問わず高剛性、軽量化のため、あるいは単なる流行やリニューアル的意味合いで既存の規格を安易にぶち壊しがちですからね。実際のところヘッドやBBの規格もずいぶん増えました。もちろん新たな規格はそれなりのメリットがあるのはわかりますが、10年に一回ぐらいだったらまだしもこう頻繁だと…。ISCGマウントも「インターナショナルスタンダード」なのに新旧あったり、某S社のM800のセンターロックなど、新規格の迷走?が一番困ります。

あまりに迷走しまくり、ついに愛想つき、しまいには「もうどうにでもなってくれ的」心理に陥ってしまう。これが一番恐ろしいです。家電ではビデオの規格がそうですね。最初はベータ、VHSでごたごたしていて、やっと落ち着いたと思ったらDVD、最近ではブルーレイで「このためにためた映像もう見られないの?」とやっています。追っかけるのに疲れて「別にテレビも映画もいらねー」といった人も確実に増加しています。MTBでいえばサスなしシングルスピード信者といったところでしょうか。とにかく「不安要素」は消費に強いブレーキをかけるものです。しかも、こうした時代。リスキーな新製品より「初心(規格)貫徹します!」といった安心の方に軸足を置く製品に親近感を抱く人が今後増加すると思います。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

RTS

   090115gt1.jpg
   090115gt2.jpg
   090115gt3.jpg

かつての名車GT-RTSです。みんな乗ってましたよね。これにRSタイチのフォークつけてダーブロヤナギタイヤで岩岳下ってました。って方も多いのでは?(わかる方はかなり古い方ですね)

まず手をつけた前サスは予想通りまったく動きません。やりがいのある?オーバーホール作業になりそうです。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

BR-M810

   090116smn1.jpg
   090116smn2.jpg
   090116smn3.jpg

先日のテクニカルセミナーでBR-M810の互換性についての説明がありました。レバー、ホース、キャリパーいろいろな組み合わせでパーフォーマンスが変化するという内容でしたが、その中で「注意」の組み合わせがまさに私の前ブレーキでした!(実際のところ「注意」というより最適ではないといった程度ですが)今使っているのは前システムがブレーキレバーM970、ホースBH-80、キャリパーM810、ローターが6インチです。(後は同じレバー、ホースでキャリパーだけBR-M975Pという組み合わせ)以前は前後XTRキャリパーで前だけ7インチを使っていましたが、これだと前後6インチで十分。というか私には少々効きすぎ!もう少しマイルドな方がいいかな。この組み合わせで従来比125%とのことで、説明では空引き量が若干大きくなるとのことで注意なのですが、実際のところそんなに気になるほどでもないです。何よりこの組み合わせの利点はレバーにサーボウエーブがないですし、ホースの剛性が20%ほどアップしているのでかなりリニアなフィールになる点です。レバータッチもカチッとしたものでこれがXTRのレバーかとびっくりしますよ。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

落ち葉かき

   090117hwc1.jpg
   090117hwc2.jpg
   090117hwc3.jpg

昨年に引き続き、活動林にて菩提生産森林組合のみなさんと共同で落ち葉かき作業を行いました。昨年12月の下草刈り作業を経て、堆積した広葉樹の落ち葉をかき集め地表を露出することで、森を健全に保全する目的の事業です。また、近年問題になっている山ヒル対策の一環でもあります。

今回もHWCメンバー以外の参加がありました。彼によれば「いつも走っているだけだったので、何かお役に立てれば…」とのこと。ありがとうございます!MTBは走り込むほど「こんな楽しい遊びさせてくれてありがとう」という山への感謝の気持ち、それが自然に芽生えてくるんですよね。
posted by 店主 at 00:00| HWC | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

HOSE

   090118hose.jpg
   
「最近のシマノのラジアルピストンのブレーキレバーのタッチがフニフニしているのが気になる」という方がけっこういます。しかし、ちゃんとブリーディング作業できていればそんなにフニフニという表現ほどスポンジーなタッチではないはず。フニフニが気になるほどというのであれば、おそらくそれはオイルの中にエアーが混入している状態です。実際にサイクルモードや展示会などで触ってみると作業が不完全なものがけっこうあったりしますし、先日納車された新車を念のため再ブリーディングしてみたら、やはりエアーが混入していました。

エアー混入ないとして、それでもなおもう少しタッチを硬くしたい方はBH-80-SBは効果的です。(M775/M975などには先端のバンジョ部分は切断してホース部分のみを使用)強化ビニロン製の材質で膨らみにくいため、パワーロスなく油圧がキャリパーに伝達されます。レバー、キャリパーはそのまま。ホース変えただけで「おー、タッチが全然違う!」というぐらい違いますよ。個人的には最初からこちらが純正でもいいのに〜、とさえ感じます。ホースそのものの剛性はBH-59と比較して20%増しでこれですから、夢屋のYM-BH81は39%剛性アップですからね。どうなっちゃうんでしょう?あまり硬くしすぎるとハードブレーキングの連続では、かえって手が疲れてしまう、といった不安もなきにしもあらず。。。とにかく、こちらも試してみたいです。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

消耗

090124sus.jpg

写真ではよくわかりませんが、インナーチューブの色がちょうどブッシュの位置で薄くなっています。横の線はブッシュのオイル通路用溝のあとです。いくらメンテをきっちり実施し、定期的にオーバーホール作業行っていても、ある程度の距離、時間を経過すればこすれる部品は磨耗します。バネやシムはへたります。結果、性能はゆるやかに低下します。こればかりはしかたありません。
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

男だ!

   090125m970.jpg

新規に車輪を組み立てる場合、現在Vブレーキを使用中であってもハブだけはディスク用をおすすめしています。価格差もさほどないし、シマノセンターロック対応ハブならゴムキャップをつけておけば外観も悪くありません。「今はディスクでなくても将来つけるかもしれないじゃないですか、ある意味保険みたいなもんですよ!」とアドバイス(セールストーク?)差し上げると、たいていのお客さんは「そんじゃ、そっちにしておいて」となります。

ところが、このお客さん
「Vブレーキなんでディスク取り付け面は不要です。M970の方にしておいてください!」
「え〜、975じゃなくていいんですか。せっかくのXTRですよ。不要ならキャップしておけばいいだけですよ」
「いや、970でいいです!!」
いや〜、テコでも動かない強固な意志。男ですね〜。感服いたしました。やっぱり私レベル程度は小心者、ちっぽけな男だということを再認識させられました。

ステアリングコラム切断の寸法とりにしてもそうです。私のようなちっぽけな人間は「他のマシンにもつけられるように…」とスペーサーをある程度かませた寸法でカットします。ところが「スペーサーはゼロで!」というお客さんもいるんですよね。
「あんなよぶんなものが入っていたら、カッコ悪くて乗れないっすよ」
「でも、スペーサーがないとハンドル位置を上下してポジションを調節できませんよ」
「スペーサーなんかなくても体をマシンにあわせるから大丈夫っす!」

すがすがしいような男っぷり!私もいつになったらこんな男になれるのかな〜。(たぶんムリ)
posted by 店主 at 00:00| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

758

   090126hb758.jpg

HB-M758あまり目立たないけど、ちゃんと15QR用6ボルトローター用ハブが本家センターロックタイプより先行して入荷しています。ルックスはちょっとショボイかなといった感は否めませんが、その分価格はかなりリーズナブル。6ボルトタイプのミドルグレードはヘビー級の重量になりがちですがその点でもかなりがんばっています。でも、XTのマークはもらえない不憫なヤツ。
posted by 店主 at 20:49| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

入荷!

090127m978.jpg

待ちに待ったXTR15QR前ハブがやっと入荷しました!さっそく自分用のを組まないと。実は何ったってMTB2台所有に前輪が一本しかない状態だったもんで。

その一本の前輪はHADLEYでしたので当然6穴ローター。キャリパーがシマノということでRT-75を使っていますが、さすがに古いかなといった印象が気になっていました。センターロックのRT-97/79の方が放熱性が高いように感じますし、ローターの剛性感(そんなのあるんか?)もあるような…。第一同じ車輪2セットじゃおもしろくないですから、もう一本は絶対XTRで!と決めていたのです。
posted by 店主 at 20:21| PARTS | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

近況

早いものでもう1月も終わり。昨年の秋から年末までは比較的落ち着いてマイペースで仕事をこなしていましたが、なぜか今年に入ってから春需以上の忙しさが続いています。作業内容はやはりディスクブレーキとサスペンションのオーバーホールが中心で、MTBまるごと一台のオーバーホールも多いのはこの時期ならでは。

と同時に旧車ツーリング&ロード系オタク?な方の「こんなパーツありますか?」というお問い合わせやご来店も多いですね。自分でいうのもナンですが、ムダに自転車長くやっているおかげで古いパーツも詳しい(特にシマノとカンパ)ので、何なりとご相談くださいませ。

というような次第で、店内が預かりの自転車やら作業途中のパーツやらでいっぱいです。雨の日はお客さんが店内に入れません。で、お願いです。


自転車は勝手に持ってこないでください!

まずメール、電話で依頼内容をお伝えください。ご相談の上、お持ちいただく日時を決めさせていただきます。作業は基本的に順番に進めていますのでよろしくご協力お願いいたします。
posted by 店主 at 20:24| おしらせ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。